2017/09/12

手作りブルーベリーのピザ!

Kimg1785

仕事から帰っても、息子は塾、娘はバイトでいない、夫も帰宅は遅いから、あわててご飯を作らなくてよい‼

こんなゆとりあるこの頃です❤

で、夕飯にピザを作ろうと思い立ち、
ホームベーカリーで生地を作り
二枚焼きました‼

ひとつは
ブルーベリージャムとクリームチーズをトッピングしたピザ🍕

手作りのブルーベリージャムを
いただいたので✨


Kimg1787


果肉たっぷりのジャムが絶品‼

クリームチーズと相まって
ピザにぴったりでした👍


それから、なすと挽き肉の味噌炒め
のピザを🍕


Kimg1782

カリカリに焼けました😃

野菜たっぷりで、美味しかった~😃


ツインバードの
コンベンションオーブンは
ピザプレートも付いていて
使いやすく、よいです‼
買って良かった🎵

2017/09/08

仕事の誘いが来ました!

Kimg1775

 
長い夏休み明けの、1週間が終わりました☆
先週は、金、土、と仕事したから、
助走はできていたのですが、
5連チャンで働くのは久しぶりなので、
長かったー^^
 
でも無事終わって感謝です☆
 
じつは、先週の初めに、
あるところから電話がかかってきて、
来年からうちでカウンセラーとして働きませんか?
というお誘いをいただきました。
 
びっくりです!
 
そこは、信頼できる職場であり、
条件もそこそこ良い。
 
常勤ではないですが、
長く働ける可能性もある。
 
しかも、丁寧に2度も電話をくださり、
お話してくださいました。
 
 
いまやっている仕事ひとつを辞めれば、
そこに移れる。
この年で、信頼できる職場から良い仕事の誘いがあるなんて、
なかなかない!
 
そう思って、ちょっと心が動いたのも事実です。
 
でも、1週間考えながら働いてみて、
予想外にいろいろなことがあり、
いまの職場に必要とされていることを感じることができました。
 
「今年限りでやめることはできない」
「いま、かかわっている人たちとの関係を切ることはできない」
という心の声をはっきり聴けたんだと思います。
 
そして、今日、お断りの電話を入れました。
先方も、わかってくださいました。
 
残念な気持ちになるかな?と思いましたが、
そうでもなく、スッキリしました!
そして、いまの仕事を大切にやっていこう!!
というモチベーションがいままでになく与えられました!
今回のお誘いは、ワタシにとってはそのことがはっきりするための
ものだったのかもしれません。
 
今週は、そのことを考えつつ、
久しぶりの職場で仕事しつつで
心の汗をいっぱいかきましたが、
スッキリした週末を迎えられてよかったです〜☆

 

応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

 

2017年7−8月に読んだ小説♪

2017年7−8月に読んだ小説の覚え書きです!

 

〇東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟
 
4041014514 ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)
東野 圭吾
KADOKAWA/角川書店  2014-11-22

by G-Tools
 
東野圭吾さんのファンタジー。
とくに悪者は出てこなくて、
とても暖かく、ほっこりします。
 
手紙で悩み相談を書くと、
店主から答えが返ってくる。
それだけで癒されますよね。
 
時空をこえたファンタジー。
そして、一人一人の人生が
つながっていく。。。
人生はまさに奇蹟に満ちている!
 
 
〇池井戸潤 アキラとあきら
 
4198942307 アキラとあきら (徳間文庫)
池井戸潤
徳間書店  2017-05-17

by G-Tools
 
池井戸潤さんお得意のビジネス小説。
企業と銀行を舞台とした、ある一族、家族を描いた物語。
若者二人(アキラと あきら)はすごく優秀で性格も良い人。
 
今回の悪役は、その叔父たち。
バブル景気と崩壊を背景に、
シビアなところもあるけど、
ドキドキハラハラで、楽しめました〜
 
 
〇 冲方 丁  十二人の死にたい子どもたち
 
4163905413 十二人の死にたい子どもたち
冲方 丁
文藝春秋  2016-10-15

by G-Tools
 
直木賞のノミネートだった作品。
冲方丁さんの「天地明察」がとってもよかったので、
これも手に取りましたが。。。。
あれ?って感じ。
 
12人の怒れる男たち をモチーフとした作品なんですね。
ネットで知り合った12人の自殺志願者が
廃墟となった病院に集まり。。。。
というミステリー仕立ての小説。
 
登場人物はみな十代。
ある事件が起こり、度重なる話し合い・対話によって
方向性が 変わってくる。。。というストーリーです。
 
ミステリーとしては凝っているとは思うけど
感情移入できる人がいなかったせいか、
なんかいまひとつ、感動!とはいきませんでした。
集団心理という面ではおもしろかったですが。。。
 
 
あとは、カウンセリング関係の本を読みました。
 
 
〇学校現場に生かす精神分析
 
4753308103 学校現場に生かす精神分析―学ぶことと教えることの情緒的体験
イスカ ザルツバーガー‐ウィッテンバーグ E. オズボーン G. ウィリアム 平井 正三
岩崎学術出版社  2008-10-07

by G-Tools
 
 
〇学校現場に生かす精神分析 実践編
 
475330907X 学校現場に生かす精神分析【実践編】―学ぶことの関係性
ビディ・ヨーエル 平井 正三
岩崎学術出版社  2009-09-02

by G-Tools
 
 
翻訳物なので、やや読みにくい面はありましたけど、
二冊とも、予想に反してよかった!(失礼^^)
 
英国では、学校現場で悩む先生たちのセミナーを
精神分析家がこんなふうにやってるのだなあと驚き、
英国でも、学校教師の方々は、
「どうしたらいい?」とすぐに対応を聞きたがる、というのは
日本と同じだなあと苦笑したり。
 
精神分析家(心理臨床家)として、
子ども達と接する先生の心にわき起こっていることを
ていねいに見つめ、その意味を追究し、
かかえていけるようにすること、
そういうことにも使命を感じました!!
 
学校現場は、(授業や休み時間や放課後や行事や、三者面談。。。)
日々、さまざまなことが起こり、
常に常に、生徒、保護者、先生の心に
さまざまな波紋を起こしている、すごいところなのだなあと。。。
 
学校にスクールカウンセラーとして置かれていることの
責任をかみしめるとともに、
その醍醐味を、さらにさらに味わっていきたいと
励まされる本でした!
 

ポチッと応援クリックありがとうございます♪

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

«ダッチオーブンでパン&夏休みをふりかえる☆

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ