« そば粉クレープ | トップページ | メガネかコンタクトか »

2006/06/26

泣いている子を抱きしめる

 最近、教会の子育て講座で読んだ聖書の一節が、心にずっと残っていました。それは、アブラハムの妻の女奴隷ハガルが、その子供ともども家を追い出され、荒野で死を覚悟したときのことです。

 ・・・・ 神は子供の泣き声を聞かれ、天から神の御使いがハガルに呼びかけて言った。

  「ハガルよ、どうしたのか。恐れることはない。神はあそこにいる子供の泣き声を聞かれた。立って行って、あの子を抱き上げ、お前の腕でしっかり抱き締めてやりなさい。…」(創世記21章から) ・・・・

 へえ〜、聖書にこんな場面があったんだ〜、というのが第一印象。そして、自分にとって苦手、かつ、とても大切なことが語られているような気がしたのです。なぜって、私にとっては、自分の子が泣いているときの扱いは、どうも苦手・・やさしく「よしよし」ができません。イライラしてしまったり、あっちいって!と言いたくなるときも・・・(鬼母じゃ〜)

 そのすぐあとで、このような本を見つけました。

「ちゃんと泣ける子に育てよう」(大河原美以著 河出書房新社)

 しかも表紙には、泣いている子どもを抱きしめている母親の絵が・・!! 買うしかない!、というわけで、職場に買ってもらいました(笑)。読んでみて、予想以上に、すばらしい本でした〜今年イチオシの本かもしれません。何度も読みたいので、自分用にもはやり買おうと決意しました(笑)。

 著者は、臨床心理士で、大学の心理学の先生。お母さんでもあります。
 副題に「親には子どもの感情を育てる義務がある」とあるとおり、、幼児〜小学生ぐらいの子どもをもつお父さんお母さんと、小学校の先生向けに「子どもの感情を育てる」ことがとてもわかりやすく書いてあります。

 自分の子育てにとっても、非常に参考になったのと同時に、仕事で出会う保護者の方、学校の先生たちにも、この本をお薦めしたいし、相談活動にも使える〜!!と思いました。実際、かなり、この本に書いてあったことを使って「助言」してます(笑)。

 「ちゃんと泣ける子」っていうのは、ネガティブな感情〜悲しい、苦しい、つらい、怒り、悔しいなどなど〜を身体で感じたときに、それを表情(泣くことも含め)であらわし、かつ、言葉で表せる子ということだそうです。
 そのためには、親や周りの大人がそうした言葉を教えること。その気持ちを否定せずに、受けとめてあげること、つまり「しっかり抱きしめる」(実際にするまたは比喩的な意味で)ことができる大人がいて、はじめて子どもは「ちゃんと泣ける」のだと。受けとめる大人(親)自身が、安定していることが必要だそうです。

 親も先生も「思いやりのある子になってほしい」とよく言いますが、その「思いやり」を育てるには、まず、子どもが「ネガティブな感情」を体験し、言語と非言語で表すことが必要なんですって・・・!!目からうろこであります。

 うちの子ども達への対応にも、少しずつ取り入れているところ。私がうまくできないときもあるけど、たまにうまくいって、子どもと必要以上のバトルにならずに済むこともあり・・・良い本との出会いに感謝♪

« そば粉クレープ | トップページ | メガネかコンタクトか »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

私も読み始めました。子育ては終わったけれど、孫との関係に、またこれから子育てに負われる我が子共たちの助け手としてアドバイスできればいいなと思って、本当に良い本ですよね。私の子育て中に出会っていれば・・・・yajimako

「ラクダの話が感動的だ」とYajikoさんから聞きまして、わたしも感激。
そんな分かりやすい話もちりばめてあるのですか?

yajikoさん、はるたんさん、こんにちは!
yajikoさん、本を読まれているのですね!
うれしいです。らくだの話しをちょっとバラしますと、「らくだの涙」というモンゴルのドキュメンタリー映画の話が引用されています。母親らくだが難産の末産んだ子を育てようとしない。そんなとき、モンゴルの人々は、母らくだに、馬頭琴の音色をきかせる、そうすると母らくだは子を拒絶するのをやめて乳を与える。母らくだは涙を流す・・。母親を批判するのでなく、その見えない傷つきに対して優しい目を向けて見守る社会が、親子を救う・・という文脈です。このところも強く強く共感しました!

みなさん、こんにちは♪ このところ、ココログ(このブログ)の調子が悪く、アップに非常に時間がかかります。11-13日はメンテナンスだそうです。私も、仕事が多忙で昼休みが使えない、暑いのでパンが焼けない、W杯があったなどで(笑)、更新できませんでした。続けたいとは思っているので、首を長くして、待っていてくださ~い。すいません。

先日は長々とメールスミマセンでした。早速「ちゃんと泣ける子にそだてよう」を読んでみました。とーーっても参考になったので、子育て中のママにおススメしたくブログで本の紹介をしました。出会う経緯なども書いたのでゴリさんの頁にもリンクを貼らせていただきましたので、ご連絡をいたします。もしご迷惑でしたら外しますので言ってくださいね。私のブログには長々と自分の悩みを書きました。こうして悩んでいるママも沢山いるはずですし、悩みのない完璧な子育てをしている!なんて人にも是非読んで欲しいものです。最後にだんなに読んでもらうのが目下の悩み!と書いて終わらせていますが、だんなと向き合う前に他のママさんも助けてあげたいとブログで公開しちゃいました。これから私もだんなと向き合う覚悟でいます。その辺はどうなるかわかりませんが、またゴリさんの頁で色々と勉強させてもらいたいと思います。まずはリンクのご連絡とともにその頁のURLをお知らせしますね!では、また。http://cac.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-a23e.html

chizuさん、
本を読まれたのですね。
そして、ブログのほうで、ご自身の経験をふまえて本の紹介をしてくださり、うれしいです!
いろんな人に勧めたくなる気持ち、同感です!
私も繰り返し読んでいて、そのたびに教えられ、涙が出ることも。

chizuさんの文章を多くの人に読んでいただくためにも、よかったら、トラックバックしてみてくださいませんか?
よろしくお願いします♪

chizuさん、
トラックバックしてねと書いておきながら、この記事、トラックバック不可になっていました。ごめんなさい!トラックバックできるようにしました。トラックバックURLは、このコメント欄の上のほうにあります。お手数おかけしますが、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132783/10400376

この記事へのトラックバック一覧です: 泣いている子を抱きしめる:

» ~挫折から思春期~ 子どもと向き合うために読んで欲しい本 [ママな私]
タイトルの通り子育て中のママにおススメしたい本がある。私は「挫折から思春期」がき [続きを読む]

« そば粉クレープ | トップページ | メガネかコンタクトか »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ