« 電車とバスの博物館 | トップページ | 学童キャンプ »

2006/07/27

子ども時代の愛読書

 子育てのなかで、自分が子どもの頃読んだ本を再び手にする機会があります。自分の子ども時代との再会でもあり、なつかしさがこみあげると同時に、わが子がその本を気に入ってれることは大きな喜びです。

 最近、有るバザーで、ある本に「再会」し、迷わず買ってしまいました。調べると、いま絶版だそうですから、奇跡的な再会!?タイトルは「りんごの木の上のおばあさん」ドイツの本です。Book00158小2の娘と一緒に読むと、懐かしさを感じると同時に、なかなかリアルで、深い内容があるな〜と感心しました。アンディーはおばあちゃんがいなくてさびしがっている男の子。ある日、庭のりんごの木からおばあさんが出てきます!破天荒なおばあちゃんで、アンディーをいろんな遊び、冒険へと誘います。でも、隣りに越してきた「現実の」おばあさんとアンディーが仲良くなると、りんごの木のうえのおばあさんは、遊びに来てくれなくなる・・・・。

 私が覚えていたシーン=大好きだったシーンは、おばあさんとアンディーが、遊園地で、からしをぬったソーセージとわたあめを交互に何本も食べ続けるところ。憧れでしたよ〜。

 ほかにも、エルマーの冒険、もりのへなそうる、長靴下のピッピ、やかまし村のこどもたち、大どろぼうホッツエンプロッツなどなど・・・私の好きだった本を娘も気に入って、一緒に楽しめるようになったので、うれしいですね。

« 電車とバスの博物館 | トップページ | 学童キャンプ »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電車とバスの博物館 | トップページ | 学童キャンプ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ