« 最近いただいた物 | トップページ | 夏のキャンプ »

2006/08/22

たまごっちの生きるみっちゲーム

Pict0007_4Pict0008_1 小2の娘が、おじいちゃんとおもちゃ屋に行き、買ってもらったのが、このボードゲーム。「人生ゲーム」の「たまごっちバージョン」なのです。

娘は、遅ればせながら、たまごっちに夢中なのですが、関連商品がいろいろ出ているんですね。カードゲームや文房具・・「人生ゲーム」まで出ているとは!

私が子どもの頃の「人生ゲーム」とくらべてみると、ゲームの大枠はほぼ同じなのですが、大きく違うのは

1.かわいらしさ、幼さ (絵、色使い、言葉・・)

2.人物がキャラクター化されている

たまごっちというキャラクターを使用しているのだから、あたりまえと言ってしまえばそれまでだけど・・・

たとえば、元祖人生ゲームでは、人物は主人公、配偶者、子どももみんな「棒人間」。仕事をしてお金をかせいで、家を建てて・・・と、進むコースもほぼ一緒でした。

だけど、たまごっちバージョンでは、最初からキャラ(個性)がちがうし、配偶者、子どももキャラ(個性)があったり、ゲットする物や、職業も、そのキャラによって異なる・・・という具合です。そして、給料などのお金だけでなく、「ハッピーな経験」が、点数に換算される(「モノより思い出」!?)のも、現代風だな~と思ったり。

十把一絡げでなく、個性が尊重されるようになった今の時代…でも若いうちから自分の「キャラ」を決めるようにプレッシャーがある(そうでもないかな?)のも、逆に大変だな~、そのへんがニートとか若者の問題につながってるのかなあと・・飛躍しすぎ!?

あとこの前、大学の先生から聞いた話では、子どもがコンピューターゲームで「ゲーム脳」になるのを心配するなら、親が一緒にやればよい、対戦したり、そこから会話(対話)が生まれたり、ボードゲームやほかの遊びにつながれば大丈夫、とのこと。

私も娘と交代でたまごっちの世話をし、このボードゲームも一緒に楽しんでます~。まだ、DSは(せがまれても)買ってないけど・・。

« 最近いただいた物 | トップページ | 夏のキャンプ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近いただいた物 | トップページ | 夏のキャンプ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ