« 息子と二人 | トップページ | 目標達成! »

2006/12/27

クリスマスプレゼント

Pict0006_7子ども達がサンタさんや親族からのクリスマスプレゼントを開いていると、夫が「はい、おかあさんにも」とプレゼントの包みをくれました。突然の、予期しない出来事に、頭の中が「???」となり、「食べ物か何かかな?」と思いながら開くと・・・1メートル四方のキルトが!表はコーヒーカップ模様のパッチワーク、裏地は、ピンク系のバラの一枚布。う〜ん、私好み。しかも、手縫いであります!

 「ど、どうしたの〜? すっごくうれしい〜!」と、あやうく夫に抱きつきそうになりました(笑)。家族で何度か行ったことのある、清里のペンション「シオンヒル」のオーナー夫人が、キルトの先生なのですが、その方にオーダーして作ってもらったとのこと。「シオンヒル」のキルトは、とっても好きで、憧れだったので・・・ほんとに嬉しかったです。

 キルトの制作者、オーナー夫人は、「壁掛けにするより、使って欲しい」とのことだそうです。しかし、この大きさって、どうやって使うんでしょう・・ひざかけぐらいしか思い浮かばないなあ〜。(どなたかアイデアありますか?)何にせよ、いつも近くに置いておきたいな〜と思っています。幸せな気分♪

 あ、そうだ、これから毎年買ってもらって、つなぎ合わせて、大きなブランケットとして使うのはどうでしょう・・(笑)。

 冗談はさておき、私からはクリスマスレゼントは用意していなかったので、来月の夫の誕生日に、照準を合わせたいと思います。考えてみると、夫は結構、私の喜ぶプレゼントをしてくれます。観察力があるんでしょうか・・翻って、自分は、夫の好み、夫の喜ぶものを思い浮かべることができません。これに気づき、ちょっとショックです。もうちょっと夫に関心を払わないと、ですね!

« 息子と二人 | トップページ | 目標達成! »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

以前、「○○さんはお誕生日には毎年ご主人からびっくりプレゼントをもらうんだって、そういうの、いいね」と話をしたら、突然怒り出した我が夫(びっくりプレゼントはちょっと苦手)。どうやら、自分と比べられたと感じたらしいです。全然そんなつもりはなかったのですが。また不和の種をまくことになるかもしれませんが・・・「うわあ、素敵!そういうの、いいなあ!」妻のプレゼントを考える夫の心理状態も聞いてみたいです。

うはは・・うぼーちゃんだんなさまの反応面白い!
うちも、プレゼントなんてめったにもらいませんから、誤解しないでね。期待しないで待っていると、いいことあるかも!?

プレゼントの価値の50%はサプライズでしょうね。それも相手がほしいと思っていたものにぴったりだったら、あわせて90%まで行くと思います。だから、今回のご主人のアイディアは最高でした。

プレゼントをする時に、「何かほしいモノがあったら言ってね」ということがよくあるが、あれはサプライズなしで、アイディアもなし、だからお金をもらったのとあまりかわりません。まあ10%ぐらいの価値にしかならないと言ったら言いすぎでしょうか。

ところで、こういう良い話を聞いた時には、自分から同じことをまねするのが、基本でしょうね。私にはなかなかできないけれども。

shawnさん、こんにちは。 おっしゃるとおりだと思います。プレゼントは「汗を流して贈ろう」と聞いたことがあります。つまり、あれこれ知恵を使って考え、あちこち見てまわって探したものでなければ、いくら高いものでも、価値は半減ってことなのでしょうか。人を喜ばせることにどれだけ労力をかけられるか‥私も得意分野ではないのですが、今後開発していきたいです。

この世知辛い夫婦世界になんてロマンチックな話だったのでしょう。
さて清里の帰り、某A社の主は、「これなんかいいんじゃない?」と妻へお土産(貢ぎ物)を見繕ってくれました。これがとてもヒットしまして、おかげで家族を置いて出かけた2泊3日の清里旅行。ハッピーエンドで終わりました。奥さんへのプレゼント名人っているみたいですね。
 さて一月のご主人の誕生日、いかがだったんでしょうか。・・・・・

大作さん、「世知辛い」ですかあ…(笑)。アドバイスに素直に従って行動した大作さんも立派です!誕生日ですか〜?こんど記事にします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子と二人 | トップページ | 目標達成! »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ