« お弁当作り | トップページ | 現実か願望か? »

2007/04/22

アンペイドワーク

 子どもが集団生活に入ると、そこでの委員/役員などのお鉢が回ってきますね。

 娘の保育園時代は、役員を2回ほど引き受けました。
 去年は、娘の学童保育の役員(2年生の親全員がやらなければならないので)、今年は、息子の保育園の役員を引き受けることにしました。来年は、子供会の役員が回ってくる可能性があります…

 保育園の役員は、やることもだいたい決まっていて、そんなに負担はなく、むしろ友だちができて楽しいのです。集まる日も年に数回、土曜日だけなので、仕事を持っていても大丈夫でした。

 学童のほうは、仕事量が膨大で(父母の運営なので)、時間的にも精神的にも負担が高く大変でした。が、みんな、仕事を持ちながらという立場で、お互いに励まし合ってなんとか乗り切れたかな。とくにお母さんたちとは、子どもや家庭、仕事の悩みをわかちあえるよき仲間になれたのがいちばんよかったと思ってます。

 ところで、先日、小学校のPTA役員決めがあったのですが、なんとこれが、最後まで決まりませんでした!(委員長とかではなくて、ヒラの委員が) 30分の重苦しい沈黙の後、先生が打ち切ってくださいましたが、どうなるんだろう…

 委員をやってもいい、というような方は、去年とか今年ほかの委員にすでになられていて、そのほかの人は、ほとんど仕事をしている、というのが役員になれない理由のようでした(全員に聞いた訳ではないので、推測ですが)。

 うちの小学校は、PTAの会合が平日午前中。土日であれば、私、引き受けてもいいんですけど(ヒラなら)…働いている人が増えているのだから、なにかその辺工夫していかないと、ますます成り手がないんじゃないかな、と思うんだけど…先生たちが土日休みだから、難しいんですかね。

 せっかく良い雰囲気のクラス懇談会だったのに、役員が決まらず、後味悪いものとなってしまい、ちょっと残念でした。

 

« お弁当作り | トップページ | 現実か願望か? »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

PTA役員選びでいまだに同じことをしていることにびっくりしています。もう25年以上も前、私も子どもの学校でその日を迎えました。誰もお役を引き受けようという方はなく、沈黙が30分は続きました。みなさん確かにそれぞれ理由があるのですがそれ以上にその役をしたくないのです。私はその雰囲気に耐えられずとうとう「私がします」と言いましたら拍手喝さい。その後はうるさいほどのお喋りに花が咲き、みなさん幸せそうでした。
でもお役をしたことでいい友達ができただけでなく、人前であまり臆することなく意見が言えるようになったことは何よりの収穫(?)でした。時間のことはお互いに工夫し、あまり負担にならないように行事などをできるだけ少なくすれば気軽に引き受けられるようになるのではないでしょうか

こんにちは。
(ブログを読んで)そうだったんですか…。役員というのは人によって、受け入れ方が違いますよね。
私も今年は下の子の保育園の役員と、上の子の学童保育の幹部役員を引き受けました。ほんと、保育園は楽しいですが、学童は…負担が大きいです(-_-)
でも、やはりそういったものを行うと中が見えるし、お母さん友達は増えるし、まんざらでもないな、と思ってます。
小学校は懇談会さえ参加できていない状況で、PTA決めの様子はどうだったかわかりませんが、最近は保護者が小学校に対して意識が高く、少しの間をおいて立候補してくださる方が多いので比較的にスムーズに決る傾向にあると聞きますが、
そうでもないんですね~。
ほんと、働く保護者にも参加できる環境だったらいいのに、と思いますよね。

かりばさん、まくろびこさん、コメントありがとうございました。小学校の役員選び、昔よりは改善されてる面はあると思いますよ。娘の学校では、幹部役員などは、前年度末にあらかじめ選出されていますし(くじ引きで)。ほかの学校の例ですが、役員というのでなく、行事ごとにお手伝いする親を募る、というのもあるそうで、そういうのだったら、みんな参加しやすいのかなあと思いました。

まくろびこさん、学童大変でしょう…お体には気をつけて…よいお友達ができるといいですね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お弁当作り | トップページ | 現実か願望か? »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ