« 恩師との再会 (1) | トップページ | 母の日にもらったもの »

2007/05/10

恩師との再会 (2)

 小学校時代の恩師、K先生(70歳)は、顔の印象は多少変わられましたが、メリハリのあるよく通る声は変わることなく、とてもお元気な様子。笑顔で迎えてくださり、たくさんお話することができました。

 私が知らない、同級生たちの近況を教えてくださったり、私の仕事や子育てのことを聞いてくださったり…。先生の教え子のなかでも、「教師になる人より、精神科医やカウンセラーになる人が結構いる…」なんてことも言われていました。

 書道展の会場は、今年に入ってから書いたという70点余りの作品が、美しく飾られ、ひとつひとつじっくり見て回りました。同時に、いままでの教育活動(とくに国語教育)の成果〜文集、冊子、本なども展示され、今回作られた記念誌もいただきました。

 書は、先生の選んだ素敵な言葉がいっぱい! 

 「遅くてもわたしらしく」「人生は鈍行がいいね」「わたしらしく回り道」「混沌のなかに生きる」「涙はいつかやさしさになる」「あしたの風」「平安」「ぬくもり」「夢を抱く」……

 漢字一文字や有名な句の作品もたくさんありましたが、みな、言葉のイメージとぴったりの味のある筆運び(というのかな?)。書は、言葉とイメージが融合した見事なアートだと感じました。1枚もって帰りたかった〜(笑)。人間大好きな、先生の温かさと一途な思いが伝わってきて、胸が熱くなりました。

 記念誌や、私が小学生の頃の文集(なつかし!)を見ながら、先生から教えてもらった大切なメッセージを思い起こしました。

 先生は、子どもが、当たり前のこと/常識的なことを言ったり書いたりすることを嫌いました。先生自身も、とてもユニークな方。

 「人と違うことすることに自信を持ちなさい。自分の中にある、人と違うところ、個性を大事にしよう。そして人のなかにある、自分と異なるよさを認めよう」ということを繰り返しおっしゃっていました。

 小学校4年の終わり、K先生とお別れするときに私たちに書いてくださった言葉は、
「十年後のために…あたりまえでないもの、そこに人間らしい価値を見つける目を向けてほしい。自分の好みではなく、異質のものから真の価値を知ってほしい」でした。

 今の時代に、そして年を重ねた今の自分に、K先生の言葉は、ますます輝きと重みを持って迫ってくるように感じます。

 来てよかった、という感謝の思いにあふれて、会場を後にしました♪

« 恩師との再会 (1) | トップページ | 母の日にもらったもの »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

異質のものから真の価値を、ですか!
小4の子どもにとってはそのときはよくわからなくても、あとから響いてくる言葉だったことでしょうね!

とかく「同じ」であることに一生懸命エネルギー使い、異質のものしか認めようとしないこの社会の中で、先生のような考え方の方がもっともっと子どもたちを教えてくれたら、子どもも少しは生きやすくなるのではないかな~と思いました!

ゴリさん
とてもいい再会とステキな時間、よかったですね♪

ほんとうにそうですね! 子どもにも大人にも必要なメッセージかも…。 そして、こういう考えに共鳴してくださるJasmineさんが関っている子どもたちも、幸せだと思います!

すてきな先生ですね。小学生だからと軽くあしらうのではなく、対等な人間として接している感じですね。

所長さん、こんにちは。
そうなんですよ〜、子どもを一人の人間として、情熱的にとことん向き合ってくれる人…退職前最後の公開授業には、100人以上の先生たちが見に来たそうです。(つい自慢になってしまう^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恩師との再会 (1) | トップページ | 母の日にもらったもの »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ