« 河合隼雄先生を悼む | トップページ | 夏休み1週間目♪ »

2007/07/23

気になった親子

 ある病院の待合室でのこと。ものすごい勢いで、中学生ぐらいの息子を叱りつけているお母さんがいました。その子が何か一言言うと、お母さんが、がーっと怒る…の繰り返し。というか、ほとんど息子はしゃべっていませんでした。言いかけるとお母さんが、ガーッと…。そして、息子の一挙手一投足に文句をつけるという感じ。

 お母さんは、ビジネススーツを着て大きな鞄を持っていました。仕事帰りなのでしょう。きっと疲れてイライラしているんだろうな〜、仕事はバリバリこなしているぶん、子どもとつきあうときも、お仕事モードになってしまい、のんびりタイプの子どもを待ってあげられないのかもしれないな〜…などと、私は勝手に想像していました。

 お母さんには理由があるかもしれない、でも、この子にとってこういう状況は良くない! 彼の受ける心理的ダメージは相当なものがある…将来が心配!と強く思いました。(母親との関係が常にこのようなものだと仮定すると、ですが)

 この親子が気になったのは、私も、似たような状況に陥ってしまうことがあるからだと思います(汗)。常に、ではない(と思う)のですが、何かのきっかけで、スイッチが入ってしまい、娘を叱り続けてしまう、いろんなことが次々に気になってしまい、そのまんま、感情を娘にぶつけてしまう…ことが、恥ずかしながらあるのです。

 このお母さんを見て、そういう自分を見ているようで恥ずかしかった。こういうことは、しないようにしたい、と強く思ったのでした。

 こんなに叱り続ける=親が不機嫌、イライラするというのは、多くの場合、「親の期待/要求度が、子どもの現実にマッチしていない」のではないかな、と思いました。このお母さんも、子どもを理解すべく子どものレベルに降りて行って寄り添う、というよりも、自分のレベルに引き上げようということに必死のように思えました。子育てでは、その両方が必要だと言われています。どちらか一方に極端に偏ると、いろいろと問題が起こってくると…

 この中学生は、叱責を受けても、何をどうしていのかわからない、なぜ叱られているのか、わからないような感じでした。そういう子に必要なのは、叱責を受け続けることではなくて、彼の今できていることから、一歩一歩、彼の理解できる言葉/方法で、教えていくことなのに…と思いましたが…。「親」であるがゆえに、冷静になれず、という部分もあるのかなあ

 自分が子を叱りすぎている、必要以上に叱っている、と気づいたら、そこがはじめの一歩。子どもとの関係を見直すチャンスでもあるのです!(→自分への励ましです^^)

« 河合隼雄先生を悼む | トップページ | 夏休み1週間目♪ »

育児」カテゴリの記事

コメント

う~ん、耳が痛い(笑)
いろんなところで親子関係が見えてくると気になりますよね!
仕事&自分の育児の両面で~~

うんうん、私も耳が痛いです!
特に上の子に対しては、時々(しょっちゅう)感情的になってしまう、だめな親です。うちの息子も中学生。いろいろ難しいです…(ため息)。対応には知恵が必要なのに、親の成長が追いつかないなあと痛感する日々です。

>必要以上に叱っている、と気づいたら、そこがはじめの一歩

これは、私にとっても励ましです!自分の至らなさに落胆することばかりだけど、そこから立ち上がってまたがんばろうと思います。

何かとても深い、内面の弱さを分かち合ってくださってありがとうございます。

ごめんなさい! べつに、皆さんを責めるために書いたんじゃありませんよ〜(笑)。あのお母さんの勢いがあまりにインパクトがあったもんで…(周りの人みんな引いてました)。ちょっとづつ、がんばりましょ〜^^

う~ん、何だか読んでいて、とっても共感してしまいました。私も常に思うんですよね。特に上の子は私の言うことを聞く子(聞いてるだけで実行しませんが…^_^;)なので、ついつい小言がエスカレートしてしまいます。それに比べて下の子は、ぷーんっと無視するので諦めというか…。私は母親の八つ当たりの的みたいに育ったので、自分の子供にはしたくない、と思っているんですけどね。ゴリさんの言う、親の要求と現実とがマッチしていない、というのが、まさにわたしだぁ~~~と思いました(笑)。
ゴリさんはご存知だと思いますが、カーリル・ジブラーンの「預言者」で、
子供は生きた矢としてあなたから射られる…というのがありますよね。
この詩(?)を知ったときに、親は弓であって射手ではない、弓は射手である神に身を任せるというその言葉に胸を打たれたなぁ。
今これを思い出したので、きっと今夜はこどもに優しくするにちがいないです。
ハハハ。

まくさん、上の子って多かれ少なかれ、親の感情をぶつけられちゃうのかなあって思ってしまいます(苦笑)。一方、下の子はそれをかわす術を心得てる…

ジブラーンの詩、私も大好き。でも、「射手は神である」って、気づかなかったな~、教えてくれてありがとう! 深い真実だね~。射手に身をゆだねられる、しなやかな弓でありたいですね(あくまで理想^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 河合隼雄先生を悼む | トップページ | 夏休み1週間目♪ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ