« ファミリーキャンプ | トップページ | 沈まぬ太陽 »

2007/09/02

成長と不安と

 3才10ヶ月の息子は、この夏でまたグンと成長した感じがします!

 いままでは、乗り物オタク(笑)だったのが、ヒーローものに俄然興味を示し、そのおもちゃや絵本に夢中…。保育園のお友達から、武器・わざなどの情報をたくさん仕入れているらしく、毎日教えてくれるんだけど、私にはちんぷんかんぷん^^。

 プラスチックのバットとボールを買ってあげたら、予想以上にハマッテしまい、依頼、自主ノック練習(?)の日々。「大きくなったら野球とサッカーやる~」とはりきってます。

 それから、トイレのスタイルが変わった! いままでパンツをおろしていたのが、息子いわく「チンチン出てこいの穴」(パンツの切れ目)からすることに成功。「保育園でならったんだよ~」と、とっても誇らしげです。

 そんな息子がある晩、ベッドで私の手を取り、「ママ~、死ないで。だいすきだから…」と、身体をすりすりさせてきました。

 母親が死ぬ、ということを彼なりに想像できるのだ~ とびっくりするとともに、これも彼の「成長」に伴って出てきた不安なのかもしれない、と思いました。

 心理学の本に書いてあったけど、子どもは成長するということは、親からちょっとずつ離れることであり、それには不安が伴うのは当然のこと。心身の成長にともなって、不安もまた大きくなる。小さい子どもにとって、成長(自立)と不安は、背中合わせのこと…。

 思い起こせば、娘も3~4才の頃、怖い夢をみたといって泣いていた時期がありましたっけ。どうしたの?と内容を聞くと、「暗い道を一人で歩いて行った」とか、「パパとママがいなくなっちゃった」とか。

 当時は、現実にそんなことが起きる前触れ?という気がしないでもなく、少し心配でしたが、これは、子どもの心の中で起こっていたこと、と理解すべきことだったようです。

 いま息子は、「こだわり」や「いやいや」もますます激しくなってきており、相手するのがなかなか大変… そのなかで、「死まないで…」との愛の告白を聴けたことは、母にとって大きな慰めとなりました~。

« ファミリーキャンプ | トップページ | 沈まぬ太陽 »

育児」カテゴリの記事

コメント

3歳ともなると自分の世界がどんどん広がっていきますよね!
自分の世界を探索するためには、やっぱり安定した土台が必要です。それがお母さん、お父さんとの関係ですものね!
まだまだいろんな成長を見させてくれるでしょうから、楽しみですね^^

そうでした! 安全基地ですね! 子どもが不安になったらいつでも戻ってこれる「安全基地」でありたいものです。ありがとう~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファミリーキャンプ | トップページ | 沈まぬ太陽 »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ