« エスクの思い出 | トップページ | ピアノ発表会でした »

2008/02/29

二月の本棚から

もう2月も終わり〜 はやいっ!! それでは、今月読んだ本のレビューですapple

【自己啓発】

第8の習慣  「効果」から「偉大」へ(コヴィー)

名著「7つの習慣」の続編。第8の習慣とは、「自分のボイス(内なる声)を発見し、他者がボイスを発見するのを助ける」こと。「7つの習慣」自体をさらに深めている面もあります。肉体・知性・情緒(人間関係)・精神(霊性)各分野で成長を続けていくこと…これを習慣化していくためには折に触れて読み返さないとな~。

【臨床心理学】

遊戯療法の実際(河合隼雄/山王教育研究所)

8本の事例論文にそれぞれに河合隼雄氏のコメントがついています。河合先生のコメントはやはり深い。遊戯療法の多様さ、視点の持ち方など、学ぶところが多かったです。

遊戯療法と子どもの今 (京大心理臨床シリーズ)

同じく事例論文集ですが、神経症/発達障害など、ケースの見立てごとに分類。いろんな立場のセラピストが書いています。児童福祉施設での心理療法の事例が私にとってはすごくよかったです。

【キリスト教】

祈り―どんな意味があるのか(フィリップ•ヤンシー)

500頁を越える大作。さすがヤンシー。「祈り」を信じることが難しい現代のクリスチャンと徹底して同じ目線で、それでも「祈り」に意味を見いだそうとする果敢な試みと言えます。ヤンシーに宛てたと思われる一般人の告白がコラムとして多数掲載されており、それも読み応えがあります。巻末には、古今東西の祈りの参考図書が列挙されています。

【今日のシンプル&スロー】  たまには夜9時に寝てみよう

« エスクの思い出 | トップページ | ピアノ発表会でした »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エスクの思い出 | トップページ | ピアノ発表会でした »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ