« くるみとカレンズの食パン | トップページ | 簡単クッキング〜 »

2008/07/01

みてもらいました。

 先週末は、自分をみてもらう機会がふたつほどありました。といっても占いとかではありません(笑)。

 ひとつは、月1回のカウンセリングの個人指導(スーパービジョン)。スーパーバイザーに、1対1で自分が担当しているカウンセリングのケースを報告し、助言指導してもらうものです。

 新しいスーパーバイザーになってから今回で3回目。なかなか順調です。毎回、目からうろこのことがたくさんあり、すぐ使える技法も教えていただけて、すご〜く助かってます。それに毎回、おいしいお茶とおまんじゅうを出してくださるので(←これにつられてるってちょっとcoldsweats01)、それをいただきながら先生と雑談するのも楽しいし。あっという間の1時間です。もちろん有料、自腹ですが。

 よい、と書いておいて矛盾するけど、3回目にして、この先生の特徴も見えてきて、やや知的なほうにかたよった先生かも…とふと頭をよぎりました。知性と感性、思考と感情、バランスの取れた先生を見つけるのは難しいな〜なんて思ったりして。もう少し続けたらまた違う面もみえるかもしれないけれど。

 ひとつおもしろいことを聞きました。カウンセリング・心理療法では、7の倍数の回がひとつの節目・区切りになることが多いらしいのだと。初耳でした。私が報告したケース、7の倍数付近の回で、キャンセルと中断が起こっていました。びっくりです。だから、6〜7回を1クールと考えていくのも一つの見方なんですと。へ〜 7日間、7年間とか、昔から区切りがあるけれど、人間のからだのリズムに合ってるんですかね。

 もうひとつ、みてもらったのは、自分のからだです。これも月1〜2回行っている整体師さんのところで。左右のアンバランス、骨盤のねじれが相変わらずあります(苦笑)。首肩も痛いし。調子がよいときもなくはないけど、やっぱり疲れが首肩にたまりやすいみたいです。ハ〜

 整体師さんも、同い年ぐらいのお母さんなので、子どもの話などしながら、気持ちよ〜いリラックスの1時間でした♪

 

« くるみとカレンズの食パン | トップページ | 簡単クッキング〜 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

知的に偏った先生かもという直感は、というのは、先ずは、ゴリさんが知的なことを話してしまっているということでしょうか?ふとよぎる直感てすごく大事ですよね。

まきとさん、
まだよくわかりませんが…^^;
今後も楽しみなのは確かです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« くるみとカレンズの食パン | トップページ | 簡単クッキング〜 »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ