« 河合隼雄エッセイ | トップページ | 夏休みの宿題その後 »

2008/08/25

パプリカのマリネ

Pict0001

田舎から、赤と黄色のパプリカがどっさり届きました! 

すでに痛みはじめているものもあり、どうしよ〜 早めに処理しなきゃ〜と考えて、マリネを作ってみようと思いました!

パプリカの皮をむいてつくるマリネは、初めての挑戦です。

まず、丸のままのパプリカをオーブン150度で、30分ほど、じっくり焼きます。

オーブンから甘い香りがしてきて、パプリカは、菜箸でさすと、すっと通るぐらいになっていれば、いい感じです。

それを水にとり、包丁で真ん中から二つにわり、手で皮をむいていきます。夫にも手伝ってもらいました。

皮はつるんとむくことができました。

それをマリネ液にひたし、冷蔵庫に入れて一晩おけば、冷たくて十分味の浸みたマリネのできあがり!

Pict0003

マリネ液は、すし酢とオリーブオイル、塩、こしょうで作りましたが、ちょっと甘過ぎました。次回は、ちゃんと味見をして(笑)作りたいと思います。

あんなにたくさんあったパプリカが、大きめタッパー1個に収まってしまいました!

とろっとやわらかくて食べやすい。お弁当によし、野菜サラダにのせてもよし、彩りもよいし、保存もきくし…一手間かかったけれど、作ってよかったー!

« 河合隼雄エッセイ | トップページ | 夏休みの宿題その後 »

グルメ・クッキング 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132783/42285482

この記事へのトラックバック一覧です: パプリカのマリネ:

« 河合隼雄エッセイ | トップページ | 夏休みの宿題その後 »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ