« 小学館 ウェブedu | トップページ | アスレチック&BBQの一日 »

2008/09/22

4歳児の哲学

年中の息子が、夕食時にとつぜん言いだしました。

「人間はどうして死ぬの? あの本、ボクいやだった。おじいさんが死んじゃうやつ…死んだら、ボク悲しい」

最初、なんのことだろう?とわかりませんでしたが、どうやら、2,3週間前に家で読んだ絵本のことを思い出したらしいのです。

余談ですが、その絵本「神の道化師」は、私が選んだもので、イタリアの民話。浮浪児の男の子が才能を生かして道化師になり、成功するのですが、年老いて、誰からも相手にされなくなり、教会堂で、悲しそうな聖母子像を楽しませるために、芸を行い、そのまま死んでしまうというもの(「穢れなき悪戯」みたいな話ですね)。娘にもおもしろいかなと思って図書館から借りたのですが、息子には印象強すぎたんですね。

さて、息子の疑問。 なんと答えようかと考え込んでいたら、矢継ぎ早に質問が。

「天国ってどこにあるの? どうやっていくの? 救急車で?」 

「おとなはどうして死ぬのがこわくないの?」

う〜ん、難しい! でも、もうこんなことを考えられるようになったんだな〜と感慨深く思いました。死ぬのは悲しいんだって、想像したり感じたりすることができるようになったことも、うれしいことですよね…

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←にほんブログ村へGO!

« 小学館 ウェブedu | トップページ | アスレチック&BBQの一日 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132783/42537215

この記事へのトラックバック一覧です: 4歳児の哲学:

« 小学館 ウェブedu | トップページ | アスレチック&BBQの一日 »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ