« CTスキャン | トップページ | 08/12〜09/1月の本棚から »

2009/01/31

発達障害の講演会

 職場の同僚と、発達障害にかんする講演会に行ってきました。「学校と家庭のよりよい連携を求めて」というタイトルで、保護者と教師・専門家向けのお話。講師は、この分野で活躍しておられる 中田洋二郎先生(立正大学心理学部)。

 この手の講演会・研修会は、通り一遍、知ってることばかり…という場合もなきにしもあらずですが、今回は違いました! 目から鱗のこともたくさんあったり、疑問に思っていたことがクリアーになったりと、すごく収穫が多かったです。発達障害の話は、お医者様から聞くと、???のことが多い気がするのですが(私の偏見?)、中田先生は保護者・教師の相談の経験豊富な臨床心理士。だから話が現実、現場に即していて、私にとって納得のいくものが多かったのかな…

 子どもの問題行動への対応の仕方(ペアレントトレーニングや親と教師の連携の取り方)というだけでなく、発達障害とは、とか、そもそも障害とは何かという本質的な(哲学的な)話にまでおよび… 「発達障害」という新しい概念は、今までの「障害」の概念を崩す可能性があるとのこと。それがより良い方に進むには、関係者のさらなる努力が必要とのことですが、希望がわいてくる話です!

 発達障害をめぐっては、よく「障害」か「個性」か、という議論になります。家族からみると「個性」「個性の強い子」 だけど、学校や社会に出ると「障害」となりうるわけです。中田先生は、「親は個性と見る、教師や専門家は障害とみる。それは相容れない。お互いの見方の違いを認めた上でないと親と教師は協力できない」とおっしゃっていました。そして、親と教師を「つなぐ人」が必ず必要。それは、外部の専門家でもよいし、学校の特別支援コーディネーター(先生)でもよい。そういう人を育てないといけない、とのことでした。私もその「つなぎ役」としての仕事が増えていて、悪戦苦闘しているので(汗)、今回聞いた話をゆっくり咀嚼したいです。そしてさらに勉強し経験を積まないと!と思いました。冷たい雨の中、行ってよかったです♪

↓中田先生の著書(翻訳・共著含む)です↓↓ どれもおすすめです♪

軽度発達障害の理解と対応―家族との連携のために (子育てと健康シリーズ)
軽度発達障害の理解と対応―家族との連携のために (子育てと健康シリーズ) 中田 洋二郎

おすすめ平均
starsお薦めできます

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
子どもの障害をどう受容するか―家族支援と援助者の役割 (子育てと健康シリーズ)
子どもの障害をどう受容するか―家族支援と援助者の役割 (子育てと健康シリーズ) 中田 洋二郎

おすすめ平均
starsとても参考になりました。
stars障害児をもった親の哀しみとは
stars多くの読んで欲しいです。
stars何度も読みました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
読んで学べるADHDのペアレントトレーニング―むずかしい子にやさしい子育て
読んで学べるADHDのペアレントトレーニング―むずかしい子にやさしい子育て Cynthia Whitham 上林 靖子 藤井 和子

おすすめ平均
starsADHDの子以外にも良い子育てマニュアル
stars3つの行動に分けて対応する。
starsお勧めの本です
stars胸のつかえが取れる本
stars実行しやすさがよい

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
AD/HD児へのペアレント・トレーニングガイドブック―家庭と医療機関・学校をつなぐ架け橋
AD/HD児へのペアレント・トレーニングガイドブック―家庭と医療機関・学校をつなぐ架け橋 岩坂 英巳

おすすめ平均
starsさっそく読んで、実践します!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« CTスキャン | トップページ | 08/12〜09/1月の本棚から »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

良いお話が聞けたご様子。良かったですね。
私の息子は、とりあえず今の所ADDの症状は顕著ではないと担任の先生よりお話がありました。が、解決策を提示されるでもなく。。。なんだかスッキリしないような。。。
もう少し様子を見て、教育相談でカウンセラーの先生と相談することも考えていますが、当面私の心の切り替えが大事ではないかと思うようになりました。
良い本を御紹介くださってありがとうございます。私の意識変革のためにも一読してみます。感謝。

雀のお松さん、
担任の先生とお話されたのですね。
まず第一歩ですね!
ペアレントトレーニングの本は
とくにお薦めです。
注意の仕方、効果的な指示の仕方など
具体的に載ってますよ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132783/43914477

この記事へのトラックバック一覧です: 発達障害の講演会:

« CTスキャン | トップページ | 08/12〜09/1月の本棚から »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ