« チリビーンズ風&トロネバそば | トップページ | モンスターワイフ&夫と平日ランチ »

2009/01/21

大人の発達障害?

 小学生ママ向け雑誌edu2・3月号を読んでいて目に留まった記事。それは、あるお母さんからの悩み相談で、「私は自分が発達障害ではないかと心配しています。人付き合いが苦手ですし、片付けられないなど家事が苦手…もし発達障害なら、子どもをうまく育てられるでしょうか…」 というような内容でした。

 また、月刊学校教育相談増刊号(2009、1月)にも、 「夫婦問題でカウンセリングに来る人の半分は、夫がアスペルガー障害の傾向があり… 妻の気持ちを全く理解しない」というような文章が載っていて…(大学准教授で臨床心理士の発言)。

 ほう~ 「発達障害」 一般的な言葉になってきたなあ、子どもの発達障害だけでなく、大人の発達障害まで…、良いんだか悪いんだか…なんだか複雑な気持ちに。

 一昔前、「アダルトチルドレン」という言葉が輸入され(?)、「私はアダルトチルドレンです!」と自称する人々が増えましたが、そのように、ある現象に「名前」がつけられると、それが増える。心理学、臨床心理学の分野では、そういうものが多いですよね。「虐待」しかり、「不登校」しかり、「DV」しかり、「人格障害」しかり、… いまは、「ADHD」「アスペルガー」などの「発達障害」 がそういう意味でものすごく「増えている」。増えているというか、「発見された」という方がいいかもしれません。

 とくに、発達障害のようなものは、誰にでも多少当てはまる面があるので、「私も!」とか「あの人は…!」と思ってしまいやすいかも(基本的には、あまり軽々しくに使ってはいけない言葉だと思いますけど)。

 でも、正式に診断を受けていなくても、「発達障害」の傾向があるとか「アダルトチルドレン」と自分や家族に名付けることの良い点もあるかな。それは問題の「外在化」、つまり、自分のせいでも、親の育て方のせいでもないと理解して、恨みや罪悪感などから解放されること。それは、人を生きやすくしてくれるかもしれませんね。

 最初の話に戻りますが、eduの質問に対しては、確かお医者さんだったと思いますが、とても良いなと思う答えが載っていました。

 「発達障害かどうかは、専門機関で検査を受けたりして自分の特徴を知るということもできる。でも、母親として大切なのは、あなた自身が毎日を楽しく過ごすこと。苦手なことを無理にしないことです…」というような内容だったと思います(うろ覚えですが)。

 実は、私も最近、自分が、部分的に○○障害の気があるのではないか(薄いけど)、と思い始めていたのでした。そう考えることで、10代の頃から悩んでいたこと、疑問に思っていたことが、すーっとつながるんです。なので、このアドバイス、胸にじんときました。苦手なことに、がんがん取り組むのは止めて、でも全く避けるわけではなく、少しできたら、「よくやってる!」と自分をほめ認めてあげようと思います。そして、毎日を楽しく過ごす!もっともっと好きなことを楽しみたいです~♪(笑)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←いつも応援ありがとうございます!

« チリビーンズ風&トロネバそば | トップページ | モンスターワイフ&夫と平日ランチ »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

発達障害。。。
今、ぽんぽこぴーの行動で悩んでいる私です。
ちゃんと学校の先生と相談して病院で調べた方がよいように思っています。
病名をつけるより、彼が困らないようにどうすればよいか考えることが先決なんですけどね。。。

雀のお松さん、
ブログを拝見していて、息子さん可愛いな~と思っていました。うちの5歳児も、小学生になったらあんなふうになるのかなあと…
でも母として悩んでいらしたんですね。
レッテルを貼るためでなく、得意なところと苦手な所を知るため、支援の手だてを探るために、発達検査を受けるのも一つの方法かもしれないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132783/43800308

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の発達障害?:

« チリビーンズ風&トロネバそば | トップページ | モンスターワイフ&夫と平日ランチ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ