« ブルーベリーフォカッチャ | トップページ | そとご飯♪ »

2009/07/02

6月の本棚から♪

もう7月に入っちゃいましたね〜!

6月に読んだ本です↓↓

●赤朽葉家の伝説(桜庭一樹)

舞台は山陰。女性3世代のクロニクル。ちょっと変わった人々の破天荒な人生。

男性・女性の生き方、価値観、風俗、産業…昭和20年代から現在ってこんなに変わったんだ〜と改めて思わされます。

マンガを読んでいるみたいに、イメージがあざやかに湧いてくるような小説。理屈抜きにおもしろかった!

赤朽葉家の伝説
赤朽葉家の伝説 桜庭 一樹

東京創元社  2006-12-28
売り上げランキング : 5405

おすすめ平均  star
star読ませる小説
star力作だとおもいます。
star現代の最高のエンターテインメントクロニクル作品

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●スタバではグランデを買え!(吉本佳生)

モノやサービスの価格がどうやって決まるのか、わかりやすく書いてあります。

あまり興味持てなかったですが(汗)、第7章の働いて所得を得ることについての考察、なるほど〜とヒントになることありましたです。また別に書きたいと思っています。

スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学
スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学 吉本 佳生

ダイヤモンド社  2007-09-14
売り上げランキング : 5159

おすすめ平均  star
starタイトルで惹きつけるパターン
starうんちくとしては面白い
starお気軽な本だが、目からうろこの記述がある。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●霊の発見 (五木寛之)

おどろおどろしいタイトルと表紙(笑)ですが、五木さんと宗教哲学者(神道)の鎌田東二さんの対談。

仏教と神道を中心に、いまのスピリチュアルブームから、霊とはなにか、霊的(宗教的)体験とは…など、話が多岐にわたるので、ややぼけてしまったかも。

私は日本の宗教についてほとんど知らないので(三代目のキリスト教家庭で)、とても新鮮でおもしろく読めました。同シリーズ「神の発見」「気の発見」も読んでみたい〜

霊の発見
霊の発見 五木 寛之

平凡社  2006-09-26
売り上げランキング : 170826

おすすめ平均  star
star出版社のコピーがひどすぎる〜
starこの著者、このタイトルで手にとらずにはいられない
starアニミズムとしての神道

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●心理療法の基本(村瀬嘉代子)

臨床心理士の大御所、村瀬先生と、精神科医の青木省三先生の対談。出版当初、5,6年前?にも読みましたが、今回読み返して、また新たなに教えられることがたくさん! そのときの自分に必要なことが浮かび上がってくるような本なのかもしれません。

心理臨床にたずさわる人としてのbe(存在、あり方)に重点がおかれています。この職業はどこまで行っても、極めた、というところまでいかないもの、初心を大事に、という言葉になんだかホッとしました。

マニュアルやすぐ人にきくよりも、自分で考えることの大切さ、それを身につけるために、生活のなかで工夫できること(多少の危険をおかすこと含め)など、自分にとってだけでなく、子育てのヒントもにもなりました!

心理療法の基本―日常臨床のための提言
心理療法の基本―日常臨床のための提言 村瀬 嘉代子

おすすめ平均
stars曰く言い難し
stars当たり前だけど、大切なこと。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« ブルーベリーフォカッチャ | トップページ | そとご飯♪ »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルーベリーフォカッチャ | トップページ | そとご飯♪ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ