« ランドセル♪ | トップページ | ホームベーカリーで作るチョコレートケーキ☆ »

2010/02/13

「アバター」観てきました!

         The ART of AVATAR ジェームズ・キャメロン『アバター』の世界 (ShoPro Books)

今日、バレンタイン・イブに、夫と映画「アバター」を観てきました。 (その間、子どもはお友達の家で「友チョコ」を作っていました…H家に感謝happy01 )

もちろん3Dメガネを掛けて観ました。3Dであるというだけでなく、すごい迫力、スケール感、スピード、臨場感、絵の美しさ、物語のおもしろさに引き込まれ…あっという間の3時間。期待以上に素晴らしかったです!!

いろんなテーマが流れていたような…

心と体

夢と現実

科学技術とスピリチュアリティー

貪欲さと満ち足りること

男性性と女性性

開発と自然

戦うこととつながること(ネットワーク)

死と再生(復活)

イニシエーション

etc.……

文明批判とも読み取れる物語だと思いますが、主人公の心の遍歴=癒しの物語として捉えることができるかもと思いました。

双子の兄のように優秀な頭脳もなく、兵士としても負傷して使い物にならなくなったジェイク。そんな彼が、アバターとして「パンドラ」という星の先住民の仲間に入り、自然や霊魂と調和して生きる知恵に触れ、心と体の癒し(再生)を得る… そこには、大きな犠牲を伴う厳しい戦いがあるのですが。

それをジェイクは 「夢見ること」(現代で言えば脳の作用)によって成し遂げて行きます。深い夢を見ることによる癒し、意識の深い所に降りていくことによる癒し… 女性が彼の魂と身体の導き手になることもシンボリックです。

理屈はこのぐらいにして(笑)、翼竜のような生物に乗って空を飛ぶシーンが多く、とっても気持ちがよいです♪ 夫は、3Dメガネのせいで疲れた〜と言ってましたが、私はメガネonメガネでも、全く疲れませんでした^^

もう一回観たいぐらい! 最初気持ち悪いと思った青い人々(ナヴィ族)も、素敵に見えてくるから不思議です。お勧めです〜!! 小さい子どもには戦闘シーンは怖いかも。小学校高学年なら大丈夫かな!?

« ランドセル♪ | トップページ | ホームベーカリーで作るチョコレートケーキ☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランドセル♪ | トップページ | ホームベーカリーで作るチョコレートケーキ☆ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ