« プリンパン♪ | トップページ | 新緑がまぶしい☆ »

2010/05/17

小一の壁。

GW明け、学校やだ〜と言い出すかとハラハラしなくもなかったですが、わが家の一年生は、いまのところ元気に登校して 運動会の練習に励んでます。

さて、きょうのお題は、リンクしているサイト ワーキングマザースタイル でも話題になっていましたが

「小一の壁」問題ーー保育園時代は働いていたお母さんも、子どもが小学生になるといろいろな壁にぶち当たり、仕事を続けるのが難しくなる…という問題のこと。

具体的には:

1.子どもの預け先が見つからない、または時間が短いところしかない

2.子ども自身が、「働いていないお母さん」の存在に初めて気づき、「仕事をやめて家にいてほしい」と言い出す

3.PTAや地域の活動に参加しなければならず、仕事との兼ね合いが難しい

こんなところでしょうか?

みなさんどんなところで「壁」があり、どのように乗り越えた(乗り越えられなかった)かしら?

わが家の場合は、1はクリア。7時まで開いている学童があり、私もほとんど残業がない。

2の問題は、上の子(娘)のときにありました!

その時の様子はこちら
↓↓
ワーキングマザーの危機 その3

娘のときは ちゃんと話をしたら、「わかった〜」と言ってくれて、ホッとしたのを覚えてます^^

息子の場合… まだ何も言いません。「働いてないお母さんの存在」に気づいていないのかも(爆)! 男の子って息子って 視野が狭いのかしら… 「学童大好き〜」と毎日喜んで通ってくれてるのはありがたいんですけどね…

3 については、あらためて書きたいと思います!!

にほんブログ村 
子育てブログ ワーキングマザー育児へ←クリック応援ありがとうござ います♪

 

« プリンパン♪ | トップページ | 新緑がまぶしい☆ »

育児」カテゴリの記事

コメント

ゴリさん、こんばんは

小1の壁・・・覚えがありますね~。
うちは学童もギリギリまで預けて、お迎えにも行けないし、すこしひとりで留守番も必要でしたので、ほんと切なかったです。携帯にあどけない声で帰りを待つ息子の留守電が入っていたり、何度か仕事辞めようかとさえ思いましたが、子供の成長の方は早くあっという間に親が居ない方が気が楽なことを覚えてくれました。笑
この1,2年凌げれば、あとはもう働くっきゃない状況になります。笑

また、ブログの移転なんです。
サーバーが移転のためヴァージョンアップして、今までもソフトが動作しませんので、取り急ぎ新しいブログになりました。
ご迷惑をお掛けします。
宜しくお願い致します。
URLは以下です。 http://earlgreydiary.teabiscuits.hacca.jp/

あーるぐれいさん、おはようございますsun

小1の壁、乗り越えてこられたのですね…
ほんとに、子どもはぐんぐんたくましくなるから、親は1〜2年のがんばりですよね。
うちの娘も3年生ぐらいから 「学童やめたくないから、ママ仕事やめちゃだめだよ!」なんて言うようになりましたcoldsweats01

ブログ移転 了解です! リンク変更しましたよ〜 今後ともよろしくおねがいします♪

小1の壁を意識せず、ここまでやってきましたが、
読ませていただきながら恵まれているんだなぁ・・
と改めて実感coldsweats01

保育園は車で15分もかかり、それこそ毎日の送迎に
忙しい朝晩の30分はとてもきつかったけど、
今は職場まで徒歩8分、その途中に学校があります。
自転車なのでもっと早い!!
先日は運動会の親子競技の練習を4時間目にする旨
おたよりがあり、休み時間をずらしていただき参加。
授業参観もこの手で行きましたgood

息子は職場へも来て働く母の姿を見たことがあるので、
今の所は理解してくれている様子です。

問題は夏休みですねぇ・・・think

えみりーさん、

そうそう、保育園の送迎がなくなったのは親にとって本当に楽だよね!!
えみりーさんの職場、恵まれてると思いますよ〜
そういうふうに融通を利かせてもらうことができるのは、日頃のえみりーさんの努力と気遣いからきているのでしょう♪
夏休み!40日近くあるから、うまく過ごせるといいねえ…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プリンパン♪ | トップページ | 新緑がまぶしい☆ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ