« パパ誕生日&芸術に触れる | トップページ | りんごとナッツのおやつパン♪ »

2011/01/31

【BOOK】対岸の彼女

対岸の彼女
角田 光代
4163235108

「八日目の蝉」 に続いて、角田さんの本を読むのは2冊目ですが、この本いい〜!!

とっても気に入りました♪

「八日目の蝉」と同じく、女性が主人公で、ほぼ女性しか出てきません。そしてふたり主人公というところも「八日目」と同じ。30代の同い年 小夜子と葵の二人の視点から交互に、物語が進んでいきます。

テーマは 女性の友情 かな? あるいは、女性というものの、同性との付き合い方。すっごくリアルで、「痛い」と感じる人が多いのではないかしら?

中高生時代に群れるところから始まって、大人になって、子どもが産まれても、職場でも、群れて、異質な人を排除しようとする女たち…

そういう人間関係についていけなかった(排除された)経験を持つ、二人の女性のストーリーです。

痛いシーンも多々あるけど、どうなっちゃうのかな〜と最後までドキドキ… 最後は読んでのお楽しみ♪ 涙腺がゆるむことも何度かありました。

偶然にも、昨日の朝日新聞 読書欄で、佐藤優さんがこの本を取り上げてました!

佐藤氏も引用していた箇所より

小夜子とは年齢と出身校以外…何もかも違った。…けれど自分たちは、おんなじ丘の上をあがっているような気がしてならなかった。まったく別のルートから、がむしゃらに…傾斜をあがっている。立場も違う、ものの見方も、持っているものもいないものも違うが、いつか同じ丘の上で、着いた着いたと手を合わせて笑い合うような、そんな気が漠然としていたのだ。

何もかも違うけれど、お互いを尊重し合い、足りないところを補い合うような関係、踏み込みすぎず、でも、温かく支え合うような関係… それが友情、ほんとうの友達の意味かと…

角田光代さんは、女性の描き方がうまいな〜 リアルだな〜と思います。とくに、「みっともない女性」の描き方や、荒れた部屋の中とか。微妙な心理描写、比喩の使い方もいいなと思います。

著者の人に対するまなざしは温かくて、人と関わりながら生きていくことっていいなと思える小説でした♪

« パパ誕生日&芸術に触れる | トップページ | りんごとナッツのおやつパン♪ »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パパ誕生日&芸術に触れる | トップページ | りんごとナッツのおやつパン♪ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ