« 紅茶豚☆ | トップページ | ネグレクト!? »

2011/01/21

【BOOK】アフターダーク

村上春樹の「アフターダーク」を読みました。「海辺のカフカ」と「1Q84」のあいだに書かれた作品。

「カフカ」 に比べると内容、量ともに軽く、さらっと読めると思います。作者としてはめずらしい、「僕」が出てこない物語。三人称と、カメラアングルのような視点というのも、作者の進化を感じさせます。

正反対の性格、容姿、生き方を持つ姉妹 エリとマリ。二人の物語がパラレルに進みます。マリが一晩のさまざまな人物との出会いを経験して、「あっちの世界」へ行ってしまったエリを救おうと立ち上がる…。融合から分離へ、そして真の統合へ… という連想がわきました。

喪失感、孤独感を抱え、壮絶で日の当たらない人生を生きている人たちばかりが出てくるのは、他の作品と同じです。超自然的、ファンタジー的要素も少しあります。なんだかよくわからない部分も少々あり…頭でわかろうとしてはいけないんだろうな。

アフターダーク
村上 春樹
4062125366

そしてもう1冊、図書館で見つけた本を!

「村上春樹全小説ガイドブック」 

年代順に作品が紹介されているのと、作品ごとにキーフレーズ、登場人物、解説…が並んでいて、とてもわかりやすい。

これをみると、「ノルウェイの森」が 他の作品と比べていかに異質かがわかります。

ムラカミワールド入門書として、オススメですっ!

村上春樹 全小説ガイドブック (洋泉社MOOK)
4862486584

« 紅茶豚☆ | トップページ | ネグレクト!? »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅茶豚☆ | トップページ | ネグレクト!? »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ