« 感動の校長メッセージ | トップページ | 【BOOK】はじめての「ゆるかわ写真」レッスン »

2011/03/30

お別れ&お別れ

3月、年度末に、別れはつきものですが…

きょうは、前にも書いたように、二カ所行っている職場のひとつ(福祉)の最後の日でした。

相談者の方と、最後の面接がいくつかあり、それから、後任の心理士さんとの引き継ぎも無事終わりました。私が心理面接を行っていた方々のほとんどが、次の心理士とも面接を継続したいと希望されていて、顔合わせも行いました。「心理面接」の良さを実感してくれたのかなと思うととてもうれしかったです。

そして、資料や統計をまとめていたら、遅くなってしまい、職員さんたちが次々に帰り始め、ひとりひとりと挨拶をしました。そして、とうとう自分の帰る番に。

涙は出ませんでしたが、胸がいっぱいになっていました。この場所に立ち寄ることはあるかもしれないけれど、職員のひとりとしてここに来ることはもうない、と思うと、何とも寂しい。4年間、あっというまだったな…と思えました。

きょうは、さらにもうひとつのお別れ、予期せぬお別れがありました。

 

にほんブログ村
 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

田舎のおじいちゃん(夫の父)が亡くなったとの知らせを受けたのです。

家でふつうに過ごしていましたが、2日ほど前に急に具合が悪くなって入院し、今日の午後、永眠しました。

夫と娘は先に行っていたので、最期に立ち会えたそうです。孫命のおじいちゃんでしたから、春休みで遊びに来ていたゴリ子やほかの孫、息子たちに囲まれて、幸せな最期だったと思います。おじいちゃん、たくさんの愛情をありがとう、いままでおつかれさまでした…という気持ちです。悲しいですが…

とてもかわいがってもらった娘の寂しさ、悲しさを想うと胸が痛みますが、人生について考える機会になればいいなと思います。

おじいちゃんとの思い出、いろいろありますが、あとでゆっくり振り返るとして…明日朝、私と息子も田舎へ向かいます。私もちょうど仕事に区切りがついたところで、これから数日休みだったので、助かります。娘も中学の入学式には戻ってこれそうなタイミングなので、おじいちゃんには本当に感謝しなければ…

ブログは数日お休みすることになると思いますので、よろしくお願いいたします。


« 感動の校長メッセージ | トップページ | 【BOOK】はじめての「ゆるかわ写真」レッスン »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 感動の校長メッセージ | トップページ | 【BOOK】はじめての「ゆるかわ写真」レッスン »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ