« 哀れな筆箱… | トップページ | シトラスのゼリー☆ »

2011/06/29

【BOOK】極北クレイマー、イノセント・ゲリラの祝祭

4022505710 極北クレイマー
海堂 尊
朝日新聞出版  2009-04-07

by G-Tools
4796666761 イノセント・ゲリラの祝祭
海堂 尊
宝島社  2008-11-07

by G-Tools

海堂センセイの本を2冊読みました。前に読んだのは、ジーン・ワルツとナイチンゲールの沈黙。(チームバチスタ…はテレビで観ました)

こんどテレビで、海堂センセイ原作の「アドリアネの弾丸」が始まるそうですが、イノセント・ゲリラ…を読めば(アドリアネより前に書かれた本です)、より楽しめると思います!!

イノセント…は、バチスタコンビが出てきますが、舞台は、厚生労働省の会議(委員会)。そこで、司法vs医学 もしくは、官僚vs医師というバトルが繰り広げられる… というもの。やや説明調で、おもしろみにかけるかもしれません。でも、海堂本を楽しむために(著者の主張を知るために)とても参考になると思いました。

法医学の実情について、おどろくべきことが… といっても、この小説はあくまでもフィクションなのですが。

極北クレイマーのほうは、北海道極北市の市立病院が舞台。多額の負債を抱える自治体の、多額の負債を抱える病院です。大学病院からそこにうつってきた非常勤医師 今中がみた衝撃の事実とは… 

医療事故や法医学、医療行政の問題…などの著者お得意のテーマも出てくるし、ジーンワルツやナイチンゲール…などとも微妙につながっていて(登場人物の影がちらっとみえて)、そういうところも楽しめる。

物語としてはこちらのほうが断然おもしろい。医師、看護師、事務長、謎のハケン医師、… みなキャラが強烈だし、最後まで読むと ぐっときます。

海堂センセイの小説は、組織や役割に同一化しきれない、ちょっと浮いてしまう人々が主人公なのかな〜と思いました。そういう人だからこそ、硬直化した組織や役割をすっと飛び越えることができて、新しいものが生まれる… ときに混乱が起きたり暴走しすぎたりするんですけどね。

そして、能動的にガンガン進んでいく人と、それと対照的に受け身な人もでてきます。受け身的な人の描き方がとても優しい。そういう人も、人と人をつないだり、組織の潤滑油として必要なんですよね!? (ワタシもどちらかというとそうだから…^^)  (おしまい)



« 哀れな筆箱… | トップページ | シトラスのゼリー☆ »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 哀れな筆箱… | トップページ | シトラスのゼリー☆ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ