« 夏休みの宿題大作戦?! | トップページ | 子どもの写真と後悔と。 »

2011/07/15

【BOOK】ロードサイド・クロス

4163297200 ロードサイド・クロス
ジェフリー・ディーヴァー 池田 真紀子
文藝春秋  2010-10-28


by G-Tools

ジェフリー・ディーヴァーのミステリー(←邦訳ほとんど読んでますhappy01

キネクシスの専門家である 女性捜査官 キャサリン・ダンスが主人公のシリーズ2作目です。

原題は、 Roadside Crosses 

路肩の十字架(複数形)ってことですね。この複数形がミソだったりする…

シリーズ1作目も よかったから、期待して読んだら、やっぱりよかった!

最後まで真犯人が全くわからない、どんでん返しに次ぐどんでん返し

夫と死別し2児の母であるキャサリンの微妙な恋心

カリフォルニア 風光明媚なモンテレー半島のリッチな暮らしぶり…

そして、今回のテーマは、ネット社会。何十万人の読者を持つ ブロガーが出てきます。ブログの成り立ちや特性、現在のブロゴスフィア(ブログ界)の状況など、わかりやすい解説もありました。

ワタシも一応ブロガーなのに、ブログの基本的なこと、わかってなかった…初めて知ったこと多し(汗)。

著者が言いたいことは、ブログもオンラインゲームも、同じ仮想空間であり、現実世界より魅力的でさえあり、中毒を引き起こす。用心しなさい、ってことかな…たぶん。

ディメンション・クエストのプレイヤーや仮想世界にどっぷりとつかった大勢のネット中毒の人々と同じく、ジェームズ・チルトン(注・ブロガー)も中毒になっているのだ。救世主という使命に完全に依存している。福音をー自分の言葉をー世界中の人々に広める魅惑的な力に依存している。自分の論説、荘言、頌詞を目にする人数が増えれば増えるほど、そこから得られる快感は高まっていく。

あと、キャサリンとその母の会話が…泣けました。キャサリンの母は、自分を疑う娘を誇りに思うと言うのです。

自分の子育てが正しかったかどうか、親には決してわからないものなのよ。…親はただ期待するしかない。祈るしかない。子供たちが必要としてる精神的な支えを与えてやれたと。価値観や勇気を教えられたと。子育てって、結局そういうことなのよ。子供に代わって闘うことじゃない。子供が自分で闘っていくための準備を整えてやることなの。自分で判断すること、自分の頭で考えることを教えることよ。…私が犯人なのかどうか、あなたが頭のなかで可能性を検討しているとわかったときー事実だけから結論を導き出そうとしてる姿を見たとき、私の子育ては百パーセント正しかったと確信した。

残酷なシーンは少なく、読後感もさわやかで… 楽しめました♪

« 夏休みの宿題大作戦?! | トップページ | 子どもの写真と後悔と。 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休みの宿題大作戦?! | トップページ | 子どもの写真と後悔と。 »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ