« アートなお出かけ。 | トップページ | 小田さん@東京ドームに行ってきました!! »

2011/09/28

【BOOK】思春期をめぐる冒険ー心理療法と村上春樹の世界ー

4535562105 思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界
岩宮 恵子
日本評論社  2004-05

by G-Tools

臨床心理士(カウンセラー)の岩宮恵子さんの著作です。

村上春樹の小説を、おもにユング心理学をベースにした心理臨床(カウンセリング)の視点から読み解く意欲作。

カウンセリングの過程を、村上春樹の小説から読み解く、ともいえます。

たくさんの村上作品〜羊をめぐる冒険、ダンス・ダンス・ダンス、ノルウェイの森、ねじまき鳥クロニクル、スプートニクの恋人、海辺のカフカなど〜が取り上げられています。

いや〜すっごくおもしろかった!

著者(というかユング心理学?)独特の言葉、「異界」「あちら側とこちら側」「見える身体と見えない身体」 といった用語や世界観が大丈夫な人にはお勧めです(笑)。

とくに感動したのは、「入り口の石」という章。わかる方にはわかると思いますが、海辺のカフカのモチーフです。ここを読んで、海辺のカフカの、よくわからなかったところが、すっごくクリアーになってしまいました。こんなにクリアーで、いいのかな?と思ってしまうぐらい(笑)

なぜ、「あちら側」に行かなくてはいけないのか、その意味も分かりましたし、「あちら側」つまり異界への「入り口」開くときの状況は、「強い結合と暴力と血が必要とされる」 というところにも、ほう〜っと。そういえばこれは、スプートニクの恋人にも出てくるモチーフでした。(これって聖書の世界にも通じるかも?とか連想。) 

そして、「ゆるしと血」というテーマも。

人生で起こる、とりかえしのつかないできごとのすべてをゆるし、生き続ける意思をもつこと、それは、世界全体が息を吹き返していくことにつながる…

というくだりに、感動。(ここだけ読んでも意味不明ですよね…)

村上春樹好きな方には、おすすめです!これを読んで、また春樹作品を読み返したくなってきました!

そして、岩宮先生には、1Q84についても書いていただきたいな〜と思った次第です。

« アートなお出かけ。 | トップページ | 小田さん@東京ドームに行ってきました!! »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

岩宮さん、大好きです。
村上春樹はノルウェイの森で挫折しましたが、この本は即効完読しました。
春樹作品を読んでいたら、尚一層面白いんでしょうね。
ちなみに、どんな方かな?と思いましたが、背の高いアキバ少女的な雰囲気の方でしたよ(笑)

たまおさん、
春樹作品まだ読んでないの〜!?意外!
絶対はまるよ〜 たまおワールドとムラカミワールド近いモノがあると思うから!!
ノルウェイ…は、あんまりおもしろくなかったです、ワタシも。
ほかのはおもしろいから読んで!!
それと、岩宮さん情報ありがとう〜
ワタシも写真でみたけど、50代だけど見えないよね、
可愛らしい方。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アートなお出かけ。 | トップページ | 小田さん@東京ドームに行ってきました!! »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ