« 【BOOK】パール・バック 大地(1)(2) | トップページ | 【BOOK】タッピング入門 »

2011/09/05

子宮頸がん予防接種

 中1娘は週末、テスト前で部活がオフ。こういうときでないと、予防接種に行かれません。

だから、途中で終わってしまっている  「日本脳炎」の予防接種に行こうと思っていました。(あと3回受けないとならないのよね〜)

 しか〜し、娘が、ぽつりと

 「○○ちゃんと○○ちゃんは、子宮頸がんの注射してきたんだって〜。半年で3回打たないとならないから、無料でやるなら9月中に始めないとだめだって〜」 

 ナヌ!? それは聞き捨てならない情報!

 ということで、あわてて、ググってみたら、まったくその通り!

 全国的に、女子中高生は、来年3月まで無料(その後は、まだ不確定)。半年間に3回受けないといけない、とのことでした。

 あまり考えていなかったのですが、もう時間がない! ので、娘に受けさせることに。

 かかりつけの小児科で、(日本脳炎ではなく)子宮頸がんワクチン(サーバリックス)を打ってきました。

 が、そのあと大変なことに…!?

 筋肉注射だから痛いとは、娘の友達も言っていたし、副作用の説明にも書いてありました。

 が、 こんなにひどくなるとは… 思ってもみませんでした。

当日夜から、痛みが激しくなり、左腕がまったく動かせない。ちょっとでも触ると「痛い」といって泣きます。

 熱も出ました(37度ちょうどですけど)。試験勉強する大事な一日だったのに、ほとんど横になって過ごしました…

 翌日も、一日、腕が動かせず、私が着替えさせたり、洗髪を手伝ったり。

 3日目(月曜日)は朝から学校行けましたが、体育は見学、その日の夕方やっと、日常生活に支障無くなってきました〜 ああよかった!

 副作用は個人差があるので、一般化できませんが、娘はいままで予防接種で具合が悪くなったことは一度もありません。

 痛みだけではなく、効果の問題も。

 あとから調べたのですが、ウィルスの感染を防ぐのは、

最長で6.4年 ですって〜 (製薬会社のサイトより)

 う〜んその長さ、微妙ですね… 高校生になってから受けるのでも、よかったのでは…と思ってしまいます。

 その頃もたぶん無料だろうし…

2、3回目はやめようかなと いま悩み中 coldsweats02

にほんブログ村
 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

« 【BOOK】パール・バック 大地(1)(2) | トップページ | 【BOOK】タッピング入門 »

育児」カテゴリの記事

コメント

予防接種って、本当に受けさせるべきか悩みますよね。
私もこれまで受けさせてきてしまいましたが、今年から来年の3月末まで無料としている肺炎球菌は、受けさせるのをやめました。今のところ健康体なので、必要性の低いものは受けさせて何かあった時の方が後悔しそうで。
予防接種の内容と目的を表裏からよく調べたいと思っています。ポリオなどは古いままのやり方でやっているそうで、やらないでいる方々もいるようです。
『予防接種へ行く前に』という本が、日本脳炎についても書かれているので、参考になるかもしれません。(頚がんについては書かれていませんが)
頚がんは直接の接触で感染するようなので、本人の意思が出てきた時に接種するのでもよさそうですよね。

ゴリさんのところも打ったのですね~
娘さん大変でしたね!
うちはそこまではひどくなかったですけど、やはり痛がってました。
予防接種、何をいつ受けさせるか、親の責任が重くのしかかりますsweat01

たまおさん、
予防接種、いろいろな意見がありますよね〜
勉強し出すとけっこう悩んでしまいそう。
ポリシーをしっかり持っているたまおさん、えらい!
うちは結局は、国が定めたものは全部受けてますね。
任意でインフルエンザも受けてるし。

子宮けいがんの場合、本人の意思でという受け方が
いいかもしれませんね!
10代で予防接種無料、20代からは検診で、っていうのが国の方針なんですかね〜
よくわかりませんbearing

Jasmineさん
同じ時期に受けてたのですね(笑)
土曜に受けて、今日火曜にやっとふつうの生活に
(水泳は見学しましたが)。でも戻ってよかったconfident
今回は、よく考えずに受けさせてしまったので、
後悔してます〜

うちも基本的に、予防注射は法律で決められているもの以外は受けさせていないのですが、子宮頸がんのは、私もかなり迷いました。(サーバリックスではなく、ガーディシルでしたが)

子宮頸がんって、性感染症ですよね。このワクチンは、性行為(手で触れるだけなども含む)を一回もしたことがないときに受けないと、ほとんど意味がないそうなので、女の子がsexuallly activeになり始める前に受けるよう勧められます。アメリカの場合、性行為を始める年齢が早まっているため、10歳くらいから。ヒエー!!

私には、「うちの娘たちは、結婚するまでそんなことしない!」という変な確信があって(甘いのでしょうが…汗)、受けさせるのにとても抵抗があったのですね。これを受けさせるのは、まるで娘を信用していないみたいだ、と。ところが、長女が大学に進学するとき、大学側が必須の予防接種のリストにこれを掲げてきたため、結局18歳で慌てて受けさせたのでした。次女と三女のときは、16歳と13歳で、二人一緒に受けさせました。たとえ自分は貞操を守っていても、将来結婚する男性がどんなバックグラウンドを持った人になるかはわからないし、もしかしたら、遊んだ末に回心した人と結婚するかもしれないし、とか、いろんなことを考えて、自分なりに自分を納得させました。(汗)

まぁでも、ここには書けませんが、その後いろいろ思うところもあり、結果的には受けさせておいてよかったかなと思っています。

はちこさん、
先輩ママの貴重なご意見、参考になりますhappy01
はちこさんも葛藤があったのですね。娘を信用していないようでもあり、なんだか微妙ですよね。
日本でも、小6の女の子全員に集団接種させた自治体も出てきているようで、今後急速に接種率が高くなると思われます。
発ガン性HPVは、インフルエンザなどと違って、感染しても9割の人は自然に排除され、1割が持続。持続感染者の1%が子宮頸ガンを発症とのこと。
しかも、サーバリックスですべての発ガン性HPV感染を予防できるわけではない、ともあるし…
また、効果が6.4年とあったので、これもびっくり。
でもこれは、実証された効果が6年で、統計的推定値では、20年が期待されているとのことで、多少ホッとしましたが。
うちの娘は副作用が大きかったので、それも悩む原因となりました…
2回目の接種は10月初旬にしなければなりません。
せっかくだからやってしまおうかな〜とか、
まだ考え中ですbearing

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【BOOK】パール・バック 大地(1)(2) | トップページ | 【BOOK】タッピング入門 »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ