« 臨床心理士が考えるシンプル手帳術その2 | トップページ | カンパーニュのサンドイッチと○○の秋! »

2011/11/05

臨床心理士が考えるシンプル手帳術その3

話は、その1に戻って…

ここ数年愛用してきた 見開き1週間バーティカル(縦軸)タイプになぜサヨナラするのか?

賢い読者の方はもうお気づきと想いますが、 見開きバーティカルの欠点は、メモ・スペースが少ないということです。

年々、メモの量が増えて、ノートがぐっちゃぐちゃ…

1週間レフトにもどろうかな… と思案していたところ、その欠点を補ってあまりある手帳を「発見」したのです!

それは、「レフト・バーティカル」タイプというもの。

見開きの左頁に、バーティカルの週間予定。右頁は 罫線だけのメモ欄。

なんと理想的な!! しびれました(笑)

雑誌の特集で見つけたのですが、前からあったのですね〜 私が知らなかっただけ。(知らないものは見えないし、気付かない…ということがよくわかりました)

でもこのタイプ、サイズはA5がそれ以上が主流かも。 そして種類によっては、時間の欄が小さかったり、数字が小さいのでご注意を(笑)。

私はまだ購入していませんが、能率ダイアリーのA5サイズ バーティカルレフトにするつもりです

   ↓↓

これは、右頁の1/3ほどまで、週間予定がはみ出ているのですが、土、日もしっかり、朝から晩まで時間軸があるし、小さい字が苦手になってきた私でも大丈夫そうです!

A5サイズは、大きいと感じる方もいるかもしれませんが、

このサイズを強く勧めている「手帳術」の本もありました。

理由は、「A4のプリントが二つ折りにしてはさめる」 とか

「ノートPCを持ち歩くと思えば、小さくて軽い」 ですって!! なるほど〜

****

おまけですが、

11月3日のA新聞に、高校生の生活指導にビジネス手帳を導入している高校の事例が載っていましたね!

能率のB6バーティカルタイプ、右にメモらんありの手帳。

高校の先生が能率にかけあって、オリジナルに作ってもらったもので、

放課後の時間帯が大きくしてあり、1日の、そして1週間の勉強時間が一目で把握できるようになっているのだそうです。

忘れ物がなくなった、勉強時間が長くなった、など、効果が出ているとのこと。

いいですね! やることがいっぱいあって忙しい中高生も、時間に追われるのでなく、自分が主役となって時間をうまく使っていけるように、手帳を活用するものはすごく助けになると思います!うちの娘も興味を示していましたhappy01

(手帳術 おわり)

にほんブログ村
 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

« 臨床心理士が考えるシンプル手帳術その2 | トップページ | カンパーニュのサンドイッチと○○の秋! »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

私は息子がサッカーを始めてからスケジュール管理が大変になり、大きな手帳に10月~変更しました。子どもたちが小学生と中学生に別れ、塾やら習い事も変化し、時間管理には一苦労な日々です。
使い勝手の良い手帳。必須アイテムですよね。

私は基本的にいつも自宅にいるので、手帳ではなくグーグルカレンダー愛用者ですが、
高校生にビジネス手帳を導入、というのを見て、はっ!と思いました。
子供たちの学校も、小学生から高校生まで、みな手帳が配布されます。そこには学校の行事は最初からすべて印刷されており、そのほか、各科目ごとにメモ(宿題など)を書き込めるようになっており、さらに先生と保護者の連絡欄もついています。見開き2頁が一日分なので、けっこう分厚く、サイズは大学ノートよりも大きいくらいでしょうか。必要なことはすべてこの一冊に書き込みなさい、というのがウリ(?)のようです。
ビジネス手帳との関連を考えたことはありませんでしたが、ゴリさんの記事を拝見し、あっそうか〜と思いました。

私のほうは、グーグルカレンダーは夫のと同期させ(おかげで予定のすれ違いがなくなりました)、また私のデスクトップのiCalとも同期させているのですが、私の設定が悪いのか、グーグルカレンダーに書き込んだことはiCalに反映されるのに、iCalに書き込んだことはGカレンダーに反映されないんですね。それで、逆にそれを利用して、ごく個人的なメモはiCalにしています。月のものがいつあったとか、気分の上下とか、体調とか、仕事の進み具合など…


私も、手帳を買うなら、ゴリさんお薦めのタイプがいいなぁ〜!

雀のお松さん、
10月から大きな手帳へ、でしたか〜
最近秋始まりの手帳もありますし、
思い立ったときに変えるのは良いですね!
子どもの予定と自分の予定を書くだけでも
いっぱいになりますよね!
お松さん、一緒にがんばりましょー

はちこさん、
アメリカの学校の手帳事情、おどろきでした!
日本の中高、大学でも「生徒手帳」「学生手帳」配られますけど
薄いし、スケジュール管理に使っている学生はほとんどいませんね。
さすがアメリカですね!
ぶ厚くて大学ノートより大きいのはちょっと大変そうですが、
コンセプトとしては、新聞で紹介されていた高校生の手帳と
同じような感じですね。

グーグルカレンダー、うちも夫が使用しているので、私にも強く勧めてくるのですが、断り続けてます(笑)
私スマホじゃないから、見る機会少ないし…
夫の予定も手帳に書き込んでます。

体調とか月のものとか…私もつけてますよー!
すごくイライラしたり怒りすぎた日とか(笑)、お通じとか(爆)。
他人様には見せられないわ〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 臨床心理士が考えるシンプル手帳術その2 | トップページ | カンパーニュのサンドイッチと○○の秋! »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ