« 【映画】J.エドガー | トップページ | いちごベーグルと冷え性改善! »

2012/02/05

【BOOK】「ママ・ファクター」 母親との関係を考える

4062086166 ママ・ファクター
ヘンリー クラウド ジョン タウンゼンド Henry Cloud
講談社  1997-11


by G-Tools

「ママ・ファクター」という本を読みました。

著者は、バウンダリー(境界線)シリーズを書いている心理カウンセラーのクラウド&タウンゼント。

この本は、いわゆるアダルト・チルドレン(AC)ー支配的で依存的な親に育てられたため、おとなになっても親の支配下に置かれて、人間関係や社会生活がうまくいかない人々ー向けのエッセイです。

でもそんなに典型的なACでなくても、おとなになったけど母親との関係がうまくいっていない、母親が嫌い、自分がこんなになったのは母親のせいでもある…という感覚が身に覚えがあるという人は少なくないはず。

そんなアナタにオススメです(男女問わず)。

支配的ママのパターンを6つに分類し、それぞれの特徴、そしてその対応が具体的に書かれています。

リマザリング(再度母親に育ててもらうこと)がテーマ。

そして、リマザリングは、実母でなくても、友人、配偶者、サポートグループ、カウンセラーなどなどの周りの人から受けることができる、ということです。

著者は、実母をゆるす、ということを勧めてはいますが、必ずしも、仲良くならなくていいし、近づきすぎなくていい、ほかの人との関係をよくすることで、母親から「自立」することができる、と勧めているように思えました。

ワタシが思うに、母親という生き物は、多少なりとも、自分の子どもに対して支配的になってしまうのが普通だと思うのです。それは子どもを護る、ということの裏返しだと。

だけど、それが過剰になってしまうのは、社会のせいでもあるのかなと思うのです。

母親だけに子育てを任せる社会で、子育てだけに専念するように迫られたら、母親の子どもへの思い入れは過剰になり、子どもとの境界線を引きにくくなるのはあるいみ当然かと…。

母親(大人)としての成熟度が求められるのは当然ですけれども、社会から切り離されたところで、それをしろといわれても…難しいのかなと。

自分と実母との関係に悩みつつ、子育てしている若いお母さんには、

同じ著者による、こちらも併せて読むのがオススメです!happy01

↓↓↓

4900677213 聖書に学ぶ子育てコーチング
ヘンリー・クラウド ジョン・タウンゼント 中村 佐知
あめんどう  2011-08-10


by G-Tools

ママ・ファクターは、子どもとしての自分が、親との間にどのように境界線を築くか、

子育てコーチングは、親としての自分が、子どもとの間にどのように境界線を築くか、

どちらも大切なことが学べると思いますsign01

 

にほんブログ村
 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

 

« 【映画】J.エドガー | トップページ | いちごベーグルと冷え性改善! »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】J.エドガー | トップページ | いちごベーグルと冷え性改善! »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ