« ひな祭り&引っ越し。 | トップページ | 引越屋さん決定☆ »

2012/03/10

【BOOK】いま、会いにゆきます

409386117X いま、会いにゆきます
市川 拓司
小学館  2003-03


by G-Tools

一時ブームになった本ですが、もうそれから8年なのですね!(つい最近のような気が…) 

この本が出版されたのは、息子を産んだ年。「幼稚園児の息子を遺して逝った母と遺された夫/息子の物語」を読むことはとてもじゃないけれどできませんでした!(だからテレビドラマ化されたときも見ていません…)

いまだから読める本。いま読んでとってもよかったです!

あらすじは知っていたけれど、なるほど〜 こういう話だったのか! 

なかなかよくできてるなあと感嘆。

最愛の人を喪って一年経ったとき、人はどういうことを体験するのか、心のなかでどういうことが起こるのか…

電車のなかで読みながら涙をこらえるのに必死sweat01 悲しいけれど最後は希望が持てます。

そして、これを読み終わってから、この物語の解説が書かれているこの本を再び手にとってみました。

4889780947 雨降りの心理学―雨が心を動かすとき
藤掛 明
燃焼社  2010-07


by G-Tools

この本を併せて読むと、「いま、会い」が10倍おもしろく読めると思いました!

物語で描かれた、グリーフ(悲嘆、悲哀)とそこからの回復のプロセスが、よ〜くわかります。

主人公である僕は、なぜ病気にかかっているのか

妻はなぜ雨の日に現れて、雨の日に去っていったのか

僕はなぜ小説を書くのか

僕はなぜ、記憶をなくした妻に過去のことを語ってきかせるのか

妻はなぜ戻って来て、手紙をのこしていったのか…

などなど、こうしたことには、すべて、悲嘆からの回復につながる意味があったのです〜

「いま、会い」を読んだときは、最後の妻からの手紙はいらないかな〜と思いましたが、

「雨降りの心理学」を読んで、なぜそれが必要だったか、腑に落ちました!

たまたまですけど、震災からちょうど一年のこの季節。

大切な人を喪った人のこころに、少しですが思いを寄せることができるかもしれません。

二冊ともオススメです!!

にほんブログ村
 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

« ひな祭り&引っ越し。 | トップページ | 引越屋さん決定☆ »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

読んだあと希望がもてるなんて素晴らしい。

そこまで到達する本に出会うって難しいです。
新作の『ねえ、委員長』を読み始めましたけど、
最初の作品でもう涙が出てきて、こちらもどこか
切ないけど恋愛してて、イイ!。

あと、どこかのブログのコメントで見つけた↓のサイトで、
市川さんご自身を細かく分析してますね。
http://www.birthday-energy.co.jp
一時ダメな時期もあったけど立ち直った、とか、
恋愛小説から浮気してしまっては、才能を発揮できない、とか。
いや、なかなか手厳しいですね・・・。
索引から他の有名人の記事も読みましたが、
なかなか辛口みたいです。

「雨降りの心理学」で理屈もわかるって事で、
心も頭もスッキリですね。

靖幸さん、初めまして♪
コメントありがとうございます。
本がお好きなんですね〜

市川さんについて、また新作について教えてくださりありがとうございます。
ワタシも他の作品も読んでみようと思いました☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひな祭り&引っ越し。 | トップページ | 引越屋さん決定☆ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ