« 【BOOK】伊坂幸太郎 重力ピエロ ほか | トップページ | 調味料の棚。 »

2012/06/07

【BOOK】恩田陸の「常野」シリーズ!

またまた本のお話♪

恩田陸、読み続けてますhappy01

「常野」(とこの) という、東北の山地に住んでいたとされる、一族の物語。

恩田陸は、文化人類学的で、ちょっとオカルトちっくな物語も多いのですね。

というかそれが真骨頂!?

常野物語は、

「常野物語 光の帝国」が 短編集で、ここには、いろいろな「常野」が出てきます。

すっごくおもしろい!

4087472426 光の帝国 常野物語 (常野物語) (集英社文庫)
恩田 陸
集英社  2000-09-20

by G-Tools

そして、その短編のなかから、ひとり(一家族)の常野を主人公にした、次の長編2冊を読みました。



4087747700 蒲公英草紙 常野物語 (常野物語)
恩田 陸
集英社  2005-06-03

by G-Tools

これは、明治か大正の頃のお話で、かつてお金持ちのお屋敷に出入りしていた女性の一人称で、ていねいな日本語で語られている物語。

与えられた不思議な能力を、何のためにどのように使うのかを真剣に考える常野。そして、周りの人々(常野でない)も、温かく常野を迎えいれるような土壌。

感動のストーリーです。

常野の「しまう」という行為がとっても象徴的だと思いました。

「しまう」とは、暗記する、記憶する、つまるところ民族の記録や歴史をまるごと「飲み込んでしまう」という、常野に与えられた能力であり使命。

ただ単に古典を暗記するだけでなく、その民族の気持ちや感情も含めて自分の中に取り込み、次世代に伝えるのだそうです。

そういうことは、現代社会では、あまりなくなってしまったけれど、昔は多くの民族が行っていたことで、意義深いことだったんだろうなと思ったり。いま学校で古典(古文漢文)を学ぶ意味につながるのかな、と思ったりしました。

「しまう」ことは、文献の暗記だけでなく、ある人が話したことやある人の記憶もまるごと「しまう」ことも含むのですが、それも、人から人へ、芸術や文化、生き方を伝える/学ぶときに大切なことなんだろうな、と。

とってもいいお話でした!

 

4087747913 エンド・ゲーム 常野物語 (常野物語)
恩田 陸
集英社  2006-01-05

by G-Tools

かわってこれは、同じ常野とは思えないほど、現代的で、スリリング。喰うか喰われるかの恐い世界を描き出した、ちょっとホラーの要素がある小説です。

ワタシ的には、あまりよくわからなかった〜

けど、ドキドキしたい方には、いいかもです!


« 【BOOK】伊坂幸太郎 重力ピエロ ほか | トップページ | 調味料の棚。 »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

たんぽぽ、読みました~。

日本語の使い方がいいなあ。日本語に癒される感じがありました。翻訳小説にはない感覚で久し振りに新鮮だった。

ラストも・・・ファンタジックなのに、今を生きる私にも突き付けられる課題が。でもグサリでもなくチクリでもなく嫌みでもなくすごく温かいけど静かな闇の中にある問いというか。

こういう温度の問いかけってあこがれる

>結さん、
読むの早いですね!
楽しめたようでよかったです♪

日本語に癒される、ほんとそんな感じ。おっとりした人々、ゆったり流れる時間によくなじみますね。大正生まれの祖母を思い出しちゃいました!

「すごく温かいけど静かな闇の中にある問い」 いい言葉ですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【BOOK】伊坂幸太郎 重力ピエロ ほか | トップページ | 調味料の棚。 »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ