« クリスマスカラーのケークサレ☆ | トップページ | 近場で一泊!中華街とシーパラ☆ »

2012/12/26

【映画】レ・ミゼラブル

封切りになりましたね!ミュージカル レミゼラブルの映画版。

ミュージカルは20年前に一度観ただけですが、

ファンになり、音楽はよく聞いていました。

気に入った曲をピアノで弾いたりしたこともあるんですcoldsweats01

映画は、ミュージカルの曲が全曲使われると聞いていたので、

絶対見に行くと決めていました。

クリスマスイブの日に時間ができたので、夫婦で観てきました〜 

夫婦50割引を使ってcoldsweats01

(こういうとき、年上の夫でよかったと思う(爆))

映画は、キャストも、舞台セットも、歌も、素晴らしかった〜 満足です。

歌は、口パクではなく、撮影現場で俳優さんたちが生で歌ったとか。すご〜い!

気持ちがこもっていて、凄く良かったです。

実は、映画を観ていて最初はちょっと違和感がありました。

ミュージカルをほぼそのまま踏襲しているので、

セリフがほとんどなく、95%ぐらい歌だけでストーリーがどんどん展開していきます。

俳優さんたちの表情や舞台セットなど すごくリアルなのに、

セリフがなくて歌だけ、というのが違和感の原因だったのかも。

ですが違和感は、観ていくうちに薄れ、レ・ミゼラブルの世界に入り込めて堪能できました!

ストーリーから思ったことを少し。

行く先々で出会ってしまうジャン・バルジャンとジャベール。

コインの表と裏と言えるほど生き方が実に対照的でした。

法律の元に人を裁くという信念を貫き通すジャベール。孤独で、固い生き方です。

ジャン・バルジャンは、いろいろな人との出会いの中で、罪を赦されること、赦すこと、愛すること、愛されることを経験し、大切なものを手放すことや、譲ることもできるようになります。

人生をやり直すために偽名を使って暮らしていたところから、「自分は誰だ?」と問い、名前を公表し、自分の人生を人を愛するために使っていく。

しなやかで自由な生き方だと思いました。

革命に命をかける青年たち、愛しているのに伝えられない女性、貧しさのなかで子どもを護ろうとする母、なんとか生き延びようと画策する人々etc.

…さまざまな葛藤に満ちた人生が交錯するダイナミックなドラマ。

いくつかの曲が同時に、掛け合いのように歌われるシーンは最高heart04

キャストの熱演と熱唱に圧倒されました。

2時間半以上と長かったけど、もう一度観たい!と思うほどでした。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

« クリスマスカラーのケークサレ☆ | トップページ | 近場で一泊!中華街とシーパラ☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クリスマスカラーのケークサレ☆ | トップページ | 近場で一泊!中華街とシーパラ☆ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ