« 桜〜☆ | トップページ | 学年末の成績票☆ »

2013/03/26

これはおすすめ!「怒りのセルフコントロール」

怒りのセルフコントロール=アンガーマネジメントについての

とっても良い本に出会いましたhappy01


怒りのセルフコントロール

ー感情への気づきから効果的コミュニケーションスキルまでー

 

アメリカの医師が書いた "When Anger Hurts"(初版25万部だそうです)の翻訳本です。

翻訳監修は、子どもの発達障害の専門医、榊原洋一さん。

お医者さんや大学の先生が訳しているので、翻訳が若干こなれていないところもありますが、内容は非常に良いです。

300ページ超えで 定価2200円+tax

アンガーマネジメントに本気で取り組みたい人にとって、必読の書と言えるでしょう。

この本はあなたの生活を変えるために必須のスキルをお教えします。あなたが必要なものはすべてこの本の中にあります。今までの人生の中で、あなたが身につけてきてしまった怒りと対応のパターンは、必ず変えられます。…

(はじめに より)

目次より抜粋

(怒りについての)四つの大きな誤解

怒りは、とにかく身体に悪い

怒りは人間関係を傷つける

あなたは「怒る」ことを選んでいる

怒りは、誰のせいでもない

怒りの引き金思考と戦う

怒らずに暮らす方法

子どもへの怒り

パートナーの虐待

多くの事例、練習問題やワーク、具体的方法がたくさん載っていますので

読者は 自分に必要な情報や自分に合った方法を必ずや得られるでしょう!

ワタシも沢山の付箋とアンダーラインをつけましたcoldsweats01

すでに3回ほど読みましたが、また、繰り返し読むことになると思います。




4750333247 怒りのセルフコントロール―感情への気づきから効果的コミュニケーションスキルまで―
マシュー マッケイ ピーター D ロジャーズ ジュディス マッケイ 榊原 洋一
明石書店  2011-01-15


by G-Tools

この手の本は、自分で読むだけでなく、学んだことを誰かと分かち合い、励まし合って実行していけたらいっそう効果的ですよね。

というわけで ともに学び、分ちあう場のお知らせです☆

来月 4月6日(土)に
【アンガーマネジメントキッズインストラクター養成講座】を行います。

「親御さん向けのアンガーマネジメント」を2時間、
「お子さん向けのアンガーマネジメント」を2時間 合計4時間 学びます。

自分と子どもののために学びたい方、
周りのお母さんと子どもたちのために学びたい方、
関心のある方、どなたでも歓迎いたします。

受講後は、「アンガーマネジメントキッズインストラクター」と名乗って活動することができます。(日本アンガーマネジメント協会の認定です)

受講者には、もれなく、アンガーマネジメントを利用したゲーム(ボードゲーム)が
付いてくるのですが、これ、親子で遊びながら、アンガーマネジメントを学べるという優れもの! しかも とっても楽しいのです〜☆

詳細とお申し込みはこちらから☆


【キッズインストラクター養成講座についてのQ&A】

[質問]

体験クラスを受講してから、アンガーマネジメントキッズインストラクター養成講座を受けるのですか? 

[回答]

一般の方向けに開催されている講座は、どの講座からでも受講頂けます。最初から子育て専門のアンガーマネジメントを中心に学びたい、自分だけでなく、誰かにも教えてみたいという方は、最初からアンガーマネジメントキッズインストラクター養成講座を受講されるとよいでしょう。

[質問]

子育て経験がないのですが、受講できますか?

[回答]

もちろん受講可能です。子育て経験がなくても、子育て向けのアンガーマネジメントは知識によって充分他の方にもレクチャー可能です。 実際、独身の30代の男性も受講されていますよ。女性だけでなく、男性の受講も歓迎です!

[質問]

治療として使えますか?

[回答]

アンガーマネジメントは医療行為ではありませんので、治療ではありませんことをあらかじめご了承ください。

(日本アンガーマネジメント協会HPより)

ポチッとよろしくお願いします☆

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

« 桜〜☆ | トップページ | 学年末の成績票☆ »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
4月6日、クレヨンしんちゃんの街からはるばる出向きますのでよろしくお願いいたします。
とても期待し、楽しみにしています。

こちらの本も読んでみたいです。

ひつじさん、コメントありがとうございます!

必要を感じてはるばるしんちゃんの街から(そうなんですか!)
来てくださるとのこと、本当にうれしく思います。

お会いできるのを楽しみにしています!!

この本は、セミナーの課題図書ではありませんので(笑)
いつかゆっくりお読みくださいね〜

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜〜☆ | トップページ | 学年末の成績票☆ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ