« 夏はやっぱりキャンプ!〜学童キャンプ2013 | トップページ | アンガーマネジメントの先生になりませんか? »

2013/08/02

アンガーマネジメントを学ぶ学童っ子!

キャンプも終わって、ふつうの生活が戻って来た学童保育の夏休み。

きのうとおととい、息子の通う学童(小1〜6)で、アンガーマネジメント(怒りとうまくつきあう方法)のお話をさせていただきました。

指導員に、「アンガーマネジメント」の話をしたとき、「学童でやってもらえませんか…」という話になりお引き受けしたものです。私もぜひやりたいと思っていました!

アンガーマネジメント協会では子ども(幼児〜小学生)のワーク資料がありますし、私はキッズインストラクターでもあるので、初めてですが、やってみることに!

1回30分x2回(実際は、40分かかってしまいましたが)でどのようなことを伝えられるか、うんうん悩みながら考え、以下の構成にしました。

まず、1日目は怒るとからだ、気持ち、言葉はどうなるか、どういうことで自分は怒るか、というワーク。

P1580728

P1580731

2日目は、怒りをしずめる方法をみんなでやってみました。

最後に「問題解決をしよう(言い返す、やり返す以外の方法で)」と題して、ムカムカイライラしたときの6つの場面を設定し、グループごとに解決方法を考えて発表してもらいました。

P1580735

P1580736

あらかじめ、答えの例をホワイトボードに書いておきましたが、各グループの答えが立派だったこと!

「やめてと言ったあと、その人から遠ざかる」
「違う場所に行って、気持ちを落ち着かせる」
「深呼吸三回してから、少し休憩する」
「あきらめて他の友達と遊ぶ」
「流す」「ゆずりあう」「気持ちを伝える」
「明日またやろうと言ってみる」
「大人に助けてもらう」など。

すごいすごい!

おもに3年生以上が考えたようですが、ここまで素直に吸収し考えてくれるとは…うれしかったです。

おおいにほめてあげて、「これを実際にやってみようね」「おうちの人にも話してね」と言って終わりました。

「怒るか怒らないかは自分で決められる。相手のせいじゃない。自分で選ぶことができるんだよ」というメッセージ、高学年の子は、真剣に聴いてくれていたように思いますconfident

夕方、学童から帰って来た息子に、「どうだったかな?」ときいたら、

「みんな、もっとやりたいみたいだった。また来てほしいみたいだよ」とのこと!

お〜! 息子の願望(笑)を割り引いても、まずまず、好評だったようですね!?

第二弾、第三弾ができるといいな〜と思ったり。

この学びが、彼らの健全な成長の糧になりますように、願いつつ…。

 

クリックしていただけるととっても励みになります☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

« 夏はやっぱりキャンプ!〜学童キャンプ2013 | トップページ | アンガーマネジメントの先生になりませんか? »

アンガーマネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏はやっぱりキャンプ!〜学童キャンプ2013 | トップページ | アンガーマネジメントの先生になりませんか? »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ