« ご飯もパンも無いときの朝食は? | トップページ | 10歳と15歳に♪ »

2013/09/30

ふつうの女性が逸脱するとき。。。

直木賞作家の女性ふたりの小説を読みました。角田光代さんと辻村深月さんです。

角田さんのほうは、作家としては先輩ですし、クオリティも高いと思いますが、

20〜40代の女性が主人公で、たんなる恋愛小説ではないというところで、テーマも似ていると思います。私はどちらも好き☆

まずは、角田さんの「紙の月」 (ネタばれあり)

引き込まれて一気に読んでしまうほど、面白かったです!

主人公の女性(41歳・銀行の契約社員)が1億円の横領で指名手配されるところから物語はスタート。

高校時代にまでさかのぼって、そこから彼女とその友人たちの軌跡がたどられます。

裕福な家庭に育ち、宗教系の私立女子中高で過ごし、短大を経て、堅実な会社員と結婚。平凡だけど、過不足ない「幸せ」を手に入れたかにみえた梨花の人生に何が起こったのか。。。。

小さなきっかけが、取り返しのつかない大きな事態に発展する、そのプロセスが見事に描かれていると思いました。

一線を越えるって、最初は小さな事から始まるのかもしれない。

ストレスや葛藤も、小さいことの積み重なりであって、放っておくと大変なことになる。。。

そんな怖さをリアルに描いている、かな!?

主人公に、疑問を抱かないわけではないけれど、なぜか共感してしまう女性が多いのではないかな?と思います。

一言で言ってしまえば、依存症とか、お金の怖さなどもテーマ。

主人公の元友人たちの、お金とのつきあい方も、それぞれですが、誰しも身に覚えがあるかもしれないです。

お金に関していえば、ほとんどの人は家庭以外では何の教育も受けず、いきなり社会人になって、自由に使えるお金を手にするわけで、

育った家庭でのお金の使い方や価値観が、家庭を持ってからもすごく影響する。。。ある意味怖いことですよね。

主人公の逸脱行動は、自分では止められないところまで来てしまい(この辺、「八日目の蝉」と似ています。。)

「いっそ見つかってほしい」 「誰か暴いて」 「誰かここから出して」 という心境になります。

そして最後は。。。。!?

読んでのお楽しみに☆

4758411905 紙の月
角田 光代
角川春樹事務所  2012-03-15

by G-Tools

 

それに比べると、辻村さんのほうは、短編5編で軽く読めます。

女性主人公の、夢や結婚や出産といった願望をめぐる、ちょっとした事件。

これも、逸脱、といえなくもないですね。

放火、誘拐、殺人、などというタイトルがついていて、ストーリーも明るいとは言えないですが、それほど重たくなく、ややシュールなのかな?

鍵のない夢をみる というタイトルが秀逸ですね〜 なかなか深い!




4163813500 鍵のない夢を見る
辻村 深月
文藝春秋  2012-05-16

by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

« ご飯もパンも無いときの朝食は? | トップページ | 10歳と15歳に♪ »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ご飯もパンも無いときの朝食は? | トップページ | 10歳と15歳に♪ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ