« テニス肘!?痛い〜 | トップページ | 近場で充実の三連休♪ »

2013/11/02

河合隼雄 カウンセリングを語る 上下

河合先生の本は、かなり読破したつもりでしたが、これは読みやすい本なのに(講演をまとめたもの)まだ読んでいませんでした。

上下巻を一気に読みました。

ずいぶん昔の講演ですが、

ほとんど新鮮さを失っていないと思います。

時代は変わっても、人の心、意識はあまり変わらない。。。

カウンセリング、心理カウンセラーとして

本当に大事な事、忘れてはいけないことを教えられます。

人を相手にする仕事の人、

教師やカウンセラーと呼ばれる全ての人に読んで欲しいsign03

子ども(とくに十代)のこともたくさん書いてあるので、

親御さんが読んでも得る物があると思います。

子どもを見捨てないこと、

カウンセリングを受けにきた人を見捨てないこと、

簡単なようで、難しいことです。

自分も一緒に苦しまないといけないから。。。

あと心に残ったのは、

思いがけない苦しみや人生の危機がやってきたとき、

うまくいかないとき、

それは、「別の世界」からの信号だ、と捉える視点。

(この辺は、ユング心理学の真骨頂なのでしょう、きっと)

「別の世界」までは行かなくても、

その問題をどうしようと、もがくだけでなく、

人生を俯瞰してみていくとか、

意味を考えていくとか、

そうすることで開けてくることがあるかもしれません。

それを一緒にやるのがカウンセラーなのだと

確認できたような気がしました。

カウンセリングを語る(上) (講談社プラスアルファ文庫) カウンセリングを語る(上) (講談社プラスアルファ文庫)
河合 隼雄

カウンセリングを語る (下) カウンセリングを考える〈上〉 カウンセリングを考える〈下〉 河合隼雄のカウンセリング入門―実技指導をとおして 河合隼雄のカウンセリング講座

by G-Tools



ポチッとよろしくお願いします♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

« テニス肘!?痛い〜 | トップページ | 近場で充実の三連休♪ »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テニス肘!?痛い〜 | トップページ | 近場で充実の三連休♪ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ