« サプライズにしびれた〜☆ | トップページ | 綿矢りさ かわいそうだね? »

2014/04/24

【映画】あなたを抱きしめる日まで

Poster2

 

イギリス映画 「あなたを抱きしめる日まで」を観てきました。

事実に基づいた物語だそうです。

地味ですが、じわじわと押し寄せる感動、そして、いろいろと考えさせられる映画でした。

1950年代、アイルランド。

未婚で妊娠した10代のフィロミナは、家族からやっかいばらいされ、

修道院へ。

そこで男の子を産みます。

3、4歳になり、男の子は、養子にもらわれていき、

フィロミナとは離ればなれに。どこのだれにもらわれていったのか、一切知らされません。

それから50年が過ぎ、

息子の50歳の誕生日、という日に、

フィロミナは、彼に会おう、彼を捜そう、という思いに突き動かされ、

あるジャーナリストとの出会いによって、息子を捜す旅に出る。。。という物語。

それは、思いがけない顛末を迎えるのですが。。。。

ネタバレなのですが、

母が、50年近く前に別れた息子を捜し求めていたと同時に、

息子の方も、母を捜し求めていたということがわかります。

それだけでも感無量。。。

親子は求め合い、引き寄せ合うんですね。。。

 

一緒に息子探しの旅に出てくれる

息子と同い年ぐらいのジャーナリスト マーティンとフィロミナの関係が面白い!

知的な面、性格的、感情的な面は真逆なのですが、

相補的な関係であって、

それがうまく機能している、というのでしょうか。

真実を知った時、

フィロミナは 「私は赦します」といい、

マーティンは 「私は怒っている」というように。

互いに知らず知らずのうちに

影響を与えあって、少しずつ変化が生じてくるのがわかります。

また、二人の心の揺れもみごとに演じられていました♪

お薦めの映画です☆

 

ポチッと応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

« サプライズにしびれた〜☆ | トップページ | 綿矢りさ かわいそうだね? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サプライズにしびれた〜☆ | トップページ | 綿矢りさ かわいそうだね? »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ