« トマト缶で具沢山のブイヤベース☆ | トップページ | 初めての定期テストの結果に愕然! »

2014/06/09

学童って親が大変?

きのうは、息子の通う学童のバザーでした。

公園でのバザーなので、

天候があやしく、前日準備しながら

どうなるかな〜とドキドキでしたが、

当日朝、「決行」とのメールが。

小雨〜曇り みたいな天気で、

開催することができました!happy01

1週間後に延期したとしても、晴れるかどうかわからないし、

予定通り終わってくれてよかったです!

学童は、行政の補助を受けて父母運営(運営委員会制)なので、

バザーも、父母たちが企画、運営します。

学童の運営資金のために、欠かせない年2回のバザー。

でもそれだけでなく、

子どもたちにとっても、親たちにとっても、

楽しく、意味のある行事になっています。

子どもたちは、毎回、指導員のアイディアで、

手作り作品をバザーに出品。

けっこう手のこんだ工作だったり、手芸だったり。

そして自分達で値段を決めて、販売します。

お店やさんごっこ、ならぬ、

ホンモノの、制作〜販売 体験をするのですから、

貴重な体験だと思いますshine

親たちにとっては、

親同士の協力、つながりを実感する時でもあります。

学校/学年を越えて、いろんな父母と話ができて、

子どものために、

一緒に何かをやり遂げるって、なかなかないですよね。

理屈でなく、楽しいしheart04

 

今年は、うれしいことに、

ここ数年少なかった1年生がたくさん入所してくれたので(sign03

その父母たちも加わって、新しい仲間がどど〜っと増えて、

活気がある感じのバザーになりました♪

学童に入ることを考えているワーキングマザーさんは、

「親が大変なんじゃない?」

「はたらいているのに、もっと忙しくなるなんてありえない!」

と思う方が多いと思います。

ワタシもそうでしたcoldsweats02

ワタシは他に選択肢がなかったので、

大変なことを承知で、この学童に子どもを入れました。

大変と思うことも正直、ありましたけど、

ムダな大変さではなくて、

親と指導員が協力して、子どもの安全を見守り、

子どもの成長発達をサポートする、

そんな安心感があるんです。notes

学校だけでなく、多くの大人の目に

子どもが見守ってもらえる、かかわってもらえるって

素敵なこと、大事なことだな〜と思うんです。。。

親同士のかかわりも深くなるので、

これからずっとつき合っていきたい友達ができたことも

何よりうれしいことでしたnote

わが家は保育園のときから、

親のかかわりが深く、親同士のつながりが深い
保育園でした。

それはホントによかったな〜と思います。

(娘が高校生になったいまでもつながりがありますし。。)

小学校になると、家族ぐるみでのつきあいを始めるチャンスって

少なくなると思うので、(とくに母親がはたらいていると。。。)

親が大変な学童ほど、入っていてよかった〜と思えることが

多いのではないかな〜と思いますnote

(とはいえ、本当に大変だった時期は、学童やめたい、と思ったこと
ありましたよ。今だから言えますけど。笑)


ポチッと応援ありがとうございます♪

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

« トマト缶で具沢山のブイヤベース☆ | トップページ | 初めての定期テストの結果に愕然! »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トマト缶で具沢山のブイヤベース☆ | トップページ | 初めての定期テストの結果に愕然! »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ