« 小田和正@横浜アリーナ2014 | トップページ | お前はまだグンマを知らない!? 焼きまんじゅう編 »

2014/08/13

子どもと楽しむアート「だまし絵」@渋谷

Dsc00337
こんにちは!
 
お盆週間に突入しましたね。
 
我が家は、きのうから帰省しています。
 
朝早く出たつもりでしたが、高速道路は渋滞でした~
ので、3時間の予想が、5時間かかってしまいました(><)
 
さて、今日のエントリーは、
帰省前に、息子と行った、アート展
 
渋谷文化村の「だまし絵」の展覧会です。
 
息子が、駅にあったポスターをみて、「行きたい!」と言い出したので、
急遽つれていくことに。
 
だって、彼が自分から行きたいというのは、
ゲームセンター、ポケモンセンター、アニメ映画、ぐらいですから。。coldsweats02
 
夏休みですし、ちょっとは、お勉強チックというか
教養を広げることをしないとですよね!?
 
行ってみて、正解でした!
 
作品が多く、バラエティがあり、見ごたえがありました!
素直に楽しかったです☆
 
夏休みだけあって、親子連れもたくさん。
 
混んでいて、入館後は、そろそろと歩きながら、順番に、作品をみていきました。
 
進化する、というテーマのように、
500年前の作品 から現代へ。
 
本物そっくりに描くという「トロンプルイユ」という作品群。
 
実物より、影や鏡に写ったものが、本物と感じられる
「シャドー、シルエット、ミラーイメージ」という作品群。
 
目の錯覚を利用した、「オプイリュージョン」という作品群など。
ほほ~う!とうなってしまうものばかり。
 
作品の最後は、「映像」。これも、気に入りました~
 
現代アートは、なんだか難しくて遠慮してしまうのですが(ごめんなさい!)
「だまし絵」は誰でも楽しめるのではないかな~と思いました。
 
そして、最近の新聞には、「ざわちん」のメイクは、
「だまし絵」である、ようなことが書いてあり、なるほど!と。
 
さらに、それは、(ちょっと専門的になりますが)
 
心理臨床家(カウンセラー)が使う、「みたて」(クライアントや事例への理解)に通じるものがあるのでは?と思いました。
 
「みたて」は正解がひとつ、というものではないく、
何通りにも、みることができる。
 
その時点での「みたて」は、「錯視」や「イリュージョン」なのかもしれないから、いろいろな「みたて」を自分の中にもっておくことが大事。。。
 
ひとつの事象は、いろんな解釈ができる可能性がある、ってことですね。
 
それはそれとして^^
真夏の美術館、涼しくて気持ちよかったです~
 
 
【夏休みのお出かけ記事】
 
 
 
 

ポチッとおしていただけると喜びます♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

« 小田和正@横浜アリーナ2014 | トップページ | お前はまだグンマを知らない!? 焼きまんじゅう編 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小田和正@横浜アリーナ2014 | トップページ | お前はまだグンマを知らない!? 焼きまんじゅう編 »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ