« コンベクションオーブンでカンパーニュ☆ | トップページ | 朝活はウオーキングから☆ »

2014/12/02

池井戸潤 空飛ぶタイヤ

「半沢直樹」の原作者 池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」(上下)を読みました。

池井戸潤を読むのは初めてです♪

直木賞をとった「下町ロケット」もよさそうでしたが、

「空飛ぶタイヤ」は、トレーラーのタイヤが外れて、人が亡くなるという事故をモチーフにしている小説とのことで、読んでみました。。。

ちなみに「この小説はフィクションであり、実在の団体とは一切関係ありません」と但し書きがあるものの、

財閥系の企業グループが、かなり忠実なモデルになっているのでは、と読者が思えるようになっています。

作者は、このグループの銀行マンだったようです。

エンタメ小説ですが、よくできてるな〜と思います!

トレーラーの脱輪事故を起こした小さい運送会社の二代目社長と、財閥系自動車会社との戦い。

運送会社は、絶体絶命かと思われましたが。。。。

ま〜 手に汗握る展開につぐ展開。

二代目社長の子どもとその友達、保護者、PTAまで巻き込んで話が展開していうという、凄まじさです。

大企業の腐った姿にげんなりしますが、これが現実でしょうか!?

ワタシも昔、大企業(財閥系ではない)にいたことがありますので、

内部の人事と組織改編が一大(というか唯一の?)関心事であるサラリーマンをたくさんみてきました。

そういうところが女性には合わないのかな〜(そういう関心ないので。。。)と思ったりしたものです。

そんなことを思い出しました。

半沢直樹ではありませんが、最後はスカッと爽快、はなずですよ!!

仕事とは、企業とは、誠実さとは、家族とは、、、などなど、たくさん考えさせられるアツイ小説です☆

4062764520 空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
池井戸 潤
講談社  2009-09-15

by G-Tools
4062764539 空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)
池井戸 潤
講談社  2009-09-15

by G-Tools




ポチッとおしていただけると喜びます♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

« コンベクションオーブンでカンパーニュ☆ | トップページ | 朝活はウオーキングから☆ »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンベクションオーブンでカンパーニュ☆ | トップページ | 朝活はウオーキングから☆ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ