« コンベクションオーブンでピザ、フレンチトースト、ふたたびカンパーニュ♪ | トップページ | 子育て講座が無事終わりました☆ »

2014/12/10

有川浩 明日の子供たち

有川浩の「明日の子供たち」を読みました。

児童養護施設を舞台とした小説。フィクションですが、ていねいに取材したり調べたりしたのだな〜と思えるような(参考文献もたくさん挙げています)、リアルな話で、とてもよかったです。

施設で働く新人職員の成長物語であり、子供たちと職員のかかわり、子供同士のぶつかり合い、子供自身の成長。。。。。きれいごとでなく、実に、リアルというか現実的なシビアな話もでてきます。

ありきたりのお涙頂戴ものではないのですが、思わず、涙が。。。という展開でした。

子供から教えられること、そして、職員自身の過去の物語にほろっとさせられます。

有川浩が得意とする恋愛的な要素もちょこっと入ってますがそれはあくまでスパイスであって、メインではありません。

人々の成長物語でもあるのですが、児童養護施設を知らない人への啓発という目的があるかのように、「知らなかった!」という側面がいろいろと出てきます。

高校を卒業する子供に進学を積極的には勧めない理由、また、退所後の支援センターのことなど、なるほどー!と思いました。

有川浩、どんどんジャンルを広げているようで、すごいですね!

これからも楽しみな作家さんです☆

4344026144 明日の子供たち
有川 浩
幻冬舎  2014-08-08

by G-Tools

 

もう1冊、長岡弘樹 「教場」も読んでみました。

著者の作品ははじめて。「教場」とは警察学校のことなんですが、思っていた話と全く違いました!

「教場」で起こる、小さなミステリーというのかな。

警察学校の訓練生(っていうの?)の間で起こる葛藤なのだけど、それが、陰湿ないじめともとれるものも多くて、暗い雰囲気です(笑)。

トリック自体は、へ〜とおもしろいのですが。。。。

ほんとの警察学校はどんな感じなのでしょうか!?

4093863555 教場
長岡 弘樹
小学館  2013-06-19

by G-Tools

ポチッとおしていただけると喜びます♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

« コンベクションオーブンでピザ、フレンチトースト、ふたたびカンパーニュ♪ | トップページ | 子育て講座が無事終わりました☆ »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンベクションオーブンでピザ、フレンチトースト、ふたたびカンパーニュ♪ | トップページ | 子育て講座が無事終わりました☆ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ