« 1年間の成績が出た!かけたい言葉は?ごほうびは? | トップページ | 知っておきたい!子どもの気持ちを尊重して聴く方法。 »

2015/03/30

あきらめない!小1の壁の乗り越え方?

1549c0ff159f104e2d0effd449159c02_s

春休み、まっただ中ですね〜

そして、桜も満開に☆

昼間電車にのったら、小学生ぐらいの子どもをつれた家族が目につきました♪

明日で3月はおしまい。

保育園に通っているお子さんたちも、卒園式は済んでいるのでしょうが、明日でほんとに保育園おしまいになりますね。

そして4月1日からは、学童保育に行く方も多いと思います。

良い出会い、良い体験がたくさんありますように!!

今日は、「小1の壁の乗り越え方」と、ちょっと大きく出てみました(笑)。

自分の経験からしか書けませんが、少し思うところを。。。

働く母、共働き家庭にとって、「小1の壁」がある、とよく言われますが、具体的にはどんなことでしょう。

調べてみると、放課後の過ごし方、PTAや平日の学校行事への親としての参加、宿題や勉強のフォロー、などが主なところかと思います。

学童保育は保育園より入るのは易しいと思いますが、保育園より時間が短いから使いにくい、とか、勉強(宿題)の時間の確保ができない、という声も。

何より、子どもが「学童に行かない友達がいる」ことに気づいてしまい、行きたがらなくなってしまった、「仕事をやめて」と親に訴える。。。などなど、

保育園時代とは全くちがう悩みが(親にとって)出てくるんですよね。。。わが家もそうでした!

そして、PTAの役員、学童保育の役員(これは学童の形態にもよりますが)、子供会の役員、地域スポーツクラブの役員、など、オヤの仕事もいろいろ出てきます。

働いていることを理由に断わることは難しいです。。。。

。。。と、マイナス面、たいへんな面ばかり強調してしまいましたが(汗)、

実際のところ、「小1の壁」ってあるんでしょうかね〜

これは、「人の心、頭」のなかにあることであって、

もしかすると、自分で「壁」を作り出してしまっている、あるいは、

「壁があるもの」と思い込んでいる、のかもしれないですよね。

(マスコミが作っているのかも、ですね!)

最初から「壁がある」と思わないほうがいいのではないかな〜と思います。

もちろん、準備すべきことはしておいたほうがいいのですが、

「壁」に打ち当たったそのときに考えればいい、ということもあると思うんです。

もし、自分が仕事を続けたい、働き続けたい気持ちがあるのだったら、

続けられるように、できる範囲で環境を整えたらいいですよね。

さらに、自分と同じような状況にある友達、仲間ーーワーキングマザー友達または先輩が身近にいると、自然と「壁」を乗り越えて、進むことができるような気がします。。。

小学校入学、子どもにとっても親にとっても、大きな変化であることは確か。

自分のことを振り返っても、小1の1年間がいちばん大変だったかも〜(子ども二人とも!)

学校and/or学童にいくのをいやがったり、忘れ物や失くしものをしたり、学校や学童でケガをしたり。。。

でも、家族の協力と、ご近所、学童や、親族の助けがあって、なんとかやってこれたと思います。

小1の1年間は、ゆっくりゆっくり、1年間かけて、学校生活と学童ライフに慣れる、ぐらいにゆったり構えるのでいいかもしれないですね。

そして、子どもの失敗や 親としての自分の失敗を笑い合えるぐらいがいいのかな〜と思ったりします(自分はガンガン怒ってしまうことが多かったですが。。。汗)

小学校でも、学童でも、「1年生」って特別な存在です。注目され歓迎される対象だと思うんです。そして、「はじめて」をたくさん経験する年でもあります。

そんな可愛く初々しい1年生の子どもの姿を、たーくさん目に焼き付けていただきたいな〜と思います(自分があまりできなかった反省をこめて。。。)

 

♪こちらも合わせてどうぞ♪

ワーキングマザーの危機 その3

小一の壁。

 

 

応援クリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

« 1年間の成績が出た!かけたい言葉は?ごほうびは? | トップページ | 知っておきたい!子どもの気持ちを尊重して聴く方法。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1年間の成績が出た!かけたい言葉は?ごほうびは? | トップページ | 知っておきたい!子どもの気持ちを尊重して聴く方法。 »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ