« 娘の先生とのうれしい再会☆ | トップページ | 学童キャンプ&登山の準備をモンベルで♪ »

2015/07/22

【映画】バケモノの子 観てきました!

Kimg0121

 
「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」の監督、細田守の最新作、
「バケモノの子」、娘と観てきました!
 
「サマー」も「おおかみ」も大好きなので、絶対に観ると決めていましたが、
いや〜期待以上に良かったです。
笑えるし泣けるし、ぐさぐさ刺さってくるものがありました!
 
(以下ネタバレあり)
両親と別れ、ひとりぼっちになってしまった9歳の男の子、蓮。
ふらついていた渋谷で、警察においかけられ、
ふとしたところから、異界に入り込んでしまいます。
 
蓮は、ここで、名前を九太とつけられ、
バケモノの世界で育つことに。。。。
 
育ての親となるクマのバケモノ、熊徹(声は役所広司)がすごくいい!
反抗的でかたくなで扱いにくい九太のことが
憎たらしいけど、大好きになっていくんですね。。。
 
ふたりはその愛情をお互い素直には表せないのですが、
まわりのバケモノに支えられて、信頼関係を築いていきます。
 
バケモノの世界はアジアチックで、孫悟空の世界のよう。
九太と熊徹とその仲間が、旅をして賢者をたずね、
「強さとは何か」をきいてまわるところも、いいなと思いました。
 
熊徹の弟子として立派に育ち、精神的肉体的に強くなった九太。
17歳になった九太は、またひょんなことから
人間界に戻ってしまい、こんどは、
自分が何も知らないことに気づき、
女子高校生の楓の導きで勉強を始めます。
 
そして、別れた父親との再会。
九太は、バケモノの世界と、人間の世界のどちらを選ぶのか。。。
熊徹の闘いと九太(蓮)の闘いがダイナミックに繰り広げられていきます。
 
人を育てる、何かを教える、伝えるってどういうことか、
とても考えさせられます。
決して一方通行ではなく、教える方も教えられ、成長するんだなあってことがわかる。
うんうん、育児は育自っていうものね。
 
不器用で乱暴で、要領が悪く、でも、愛情いっぱいの「父親の子育て」とはどんなものなのか。
「おおかみこども」は母親の物語だったけど、今回は「父親」の物語。
本当の父親の愛ってすごいな、と熊徹をみて感動しました。
 
ああ、やっぱり、男の子には、父親、または父親的な人がいてくれるといいな〜って思いましたよ。女同士も良いけれど、男同士っていいですね。
 
細田監督は、人の繊細な心のひだをていねいに描くのが得意なんだなと思います。思春期の男の子、蓮の描き方がすっごくいいなと思いましたよ!
生き別れた父親と思いがけず再会してとまどうところとかね。
 
映画館のなか、あちこちで
すすり泣きが起こっていました。
もちろんワタシも娘も。。。
 
珍しくプログラムも買っちゃった!
これも読み応えあって、買ってよかったです〜
(ほかにも、世界について知る、学ぶということや、
親と別れて独り立ちすること、別れた人/親はいつも近くにいて
あるいは自分の中にいて対話ができること、誰もが持つ
心の闇のことなど。。。書き出すとキリがないので止めますね^^)
 
娘も観た後、感想や自分の考えを饒舌に語っていました。
 
「あんなにぶつかり合えるっていいな。。。
絶対的に信頼しているからできることなんだよね。。」って。
 
果たしてわが家はぶつかり合えたのだろうか。。。
怖くて娘にはきけませんでしたけどね(笑)

ポチッと応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

« 娘の先生とのうれしい再会☆ | トップページ | 学童キャンプ&登山の準備をモンベルで♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 娘の先生とのうれしい再会☆ | トップページ | 学童キャンプ&登山の準備をモンベルで♪ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ