« 30年ぶりの同窓会! | トップページ | 念願の!自転車通学をはじめた娘☆ »

2015/11/09

子育てでいちばん大切なこと。

先日、月1回の、カウンセリングの個人指導を受けに行ってきましたshine

毎回、ベテランカウンセラーである師匠に、話をたくさん聴いてもらって、ムネのつかえがスーっと消える、ワタシにとって大切なデトックスタイムhappy01
 
デトックスだけではなく、意味あることを教えてくださる先生なのですが、
今回は、「臨床家に必要な3つの資質」というものを初めて聴きました。
 
(臨床家とは、カウンセラー、セラピストなどのことです)
 
これは、ウィニコット(英国の小児科医で精神分析家)が言っていることで、本に書いてあるのだそうです。(たしか「子どもの面接治療」の最初のほうだとか)
 
先生の言葉を聴きながらメモしたので、
正確ではないと思いますが、シェアしますね。
 
1)自分のアイデンティティを保ちながら、相手(クライアント)にアイデンティファイ(同一化)することができ、その矛盾に耐えられること
 
2)待つ能力
 
3)相手(クライアント)に復讐したくなる気持ちをできる限り持たないでいられること
 
おお、なるほど!!
 
3つとも、大事なこと、かつ、難しいことだな〜と思ったのでした。
 
とくに、「待つ」ことについて。
 
「待つこと」は、何もしないことではない。
ものすごいエネルギーを使うことであり、
精神のアスリートにとっての「待つこと」は、
肉体のアスリートの「マラソン」に相当するのだと、先生。
 
ふむふむ!
 
たしかに、「待つことしかできない」などと思ってしまうのですが、
「上手に待つ」ということは、難しく、訓練の必要なことなんですよね。
 
そして、これは、子育てにおいて、とくに必要とされる能力じゃないかな?
と思ったわけ!!
 
もしかすると、いちばん大切なこと(のひとつ?)に入るかもしれないですね!
子どもの成長を待つ、変化を待つ(変化しないかもしれないけど。。。)
 
ワタシも決して得意ではありません!
 
「なんとか子どもを(良い方向に)変えたい」と親が思うのは、
子どものためを思ってのことなのですが、
 
それは、「子どもの気持ちや行動をコントロールすること」であり、
基本、できないことなのだと、親として、カウンセラーとして思います。
 
子どもがそういう気持ちになるのを待つ
 
子ども自身が成長し、変わるのを待つ
 
これが親、指導者、周りの大人の役目なんだろうなと。
 
「待つ」ことの意味をわかって、ちゃんと待てるって素晴らしい☆
 
待つのが上手な人は、子育て上手だと思うし、
 
待つことこそ大事なんだよ〜と、小さい子を持つお母さんたちに伝えたい☆
 
そんなことを思いました〜pig

応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

« 30年ぶりの同窓会! | トップページ | 念願の!自転車通学をはじめた娘☆ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 30年ぶりの同窓会! | トップページ | 念願の!自転車通学をはじめた娘☆ »

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ