カテゴリー「書籍・雑誌 」の269件の投稿

2017/09/08

2017年7−8月に読んだ小説♪

2017年7−8月に読んだ小説の覚え書きです!

 

〇東野圭吾 ナミヤ雑貨店の奇蹟
 
4041014514 ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)
東野 圭吾
KADOKAWA/角川書店  2014-11-22

by G-Tools
 
東野圭吾さんのファンタジー。
とくに悪者は出てこなくて、
とても暖かく、ほっこりします。
 
手紙で悩み相談を書くと、
店主から答えが返ってくる。
それだけで癒されますよね。
 
時空をこえたファンタジー。
そして、一人一人の人生が
つながっていく。。。
人生はまさに奇蹟に満ちている!
 
 
〇池井戸潤 アキラとあきら
 
4198942307 アキラとあきら (徳間文庫)
池井戸潤
徳間書店  2017-05-17

by G-Tools
 
池井戸潤さんお得意のビジネス小説。
企業と銀行を舞台とした、ある一族、家族を描いた物語。
若者二人(アキラと あきら)はすごく優秀で性格も良い人。
 
今回の悪役は、その叔父たち。
バブル景気と崩壊を背景に、
シビアなところもあるけど、
ドキドキハラハラで、楽しめました〜
 
 
〇 冲方 丁  十二人の死にたい子どもたち
 
4163905413 十二人の死にたい子どもたち
冲方 丁
文藝春秋  2016-10-15

by G-Tools
 
直木賞のノミネートだった作品。
冲方丁さんの「天地明察」がとってもよかったので、
これも手に取りましたが。。。。
あれ?って感じ。
 
12人の怒れる男たち をモチーフとした作品なんですね。
ネットで知り合った12人の自殺志願者が
廃墟となった病院に集まり。。。。
というミステリー仕立ての小説。
 
登場人物はみな十代。
ある事件が起こり、度重なる話し合い・対話によって
方向性が 変わってくる。。。というストーリーです。
 
ミステリーとしては凝っているとは思うけど
感情移入できる人がいなかったせいか、
なんかいまひとつ、感動!とはいきませんでした。
集団心理という面ではおもしろかったですが。。。
 
 
あとは、カウンセリング関係の本を読みました。
 
 
〇学校現場に生かす精神分析
 
4753308103 学校現場に生かす精神分析―学ぶことと教えることの情緒的体験
イスカ ザルツバーガー‐ウィッテンバーグ E. オズボーン G. ウィリアム 平井 正三
岩崎学術出版社  2008-10-07

by G-Tools
 
 
〇学校現場に生かす精神分析 実践編
 
475330907X 学校現場に生かす精神分析【実践編】―学ぶことの関係性
ビディ・ヨーエル 平井 正三
岩崎学術出版社  2009-09-02

by G-Tools
 
 
翻訳物なので、やや読みにくい面はありましたけど、
二冊とも、予想に反してよかった!(失礼^^)
 
英国では、学校現場で悩む先生たちのセミナーを
精神分析家がこんなふうにやってるのだなあと驚き、
英国でも、学校教師の方々は、
「どうしたらいい?」とすぐに対応を聞きたがる、というのは
日本と同じだなあと苦笑したり。
 
精神分析家(心理臨床家)として、
子ども達と接する先生の心にわき起こっていることを
ていねいに見つめ、その意味を追究し、
かかえていけるようにすること、
そういうことにも使命を感じました!!
 
学校現場は、(授業や休み時間や放課後や行事や、三者面談。。。)
日々、さまざまなことが起こり、
常に常に、生徒、保護者、先生の心に
さまざまな波紋を起こしている、すごいところなのだなあと。。。
 
学校にスクールカウンセラーとして置かれていることの
責任をかみしめるとともに、
その醍醐味を、さらにさらに味わっていきたいと
励まされる本でした!
 

ポチッと応援クリックありがとうございます♪

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

2017/07/03

2017年6月に読んだ小説♪

2017年6月に読んだ小説は、

 

村上 春樹   騎士団長殺し (上下)
 
小野 不由美  月の影 影の海(上下)
 
でした! どちらもとっても楽しめました☆満足!
 
 
 
やっと読めた(図書館でゲットできた)「騎士団長殺し」。
村上ワールド全開で、
読み進めるのがもったいないほど。。。
第一部はとくに、ストーリーが謎につぐ謎へと、
緊張感のある展開に。
 
いままでの作品に似ている部分も有り、
新しい部分もあるのかなあと思いました。
新しいところは、主人公が「画家」というところ。
しかも肖像画専門の画家。
 
対象となる人をよ〜く見て、外見だけでなく、
内側、たましいをみて、
自分のフィルターを通して、
キャンパスに描き出す。
その作業が、すごいエネルギーを使い、
深いものであることがひしひしと伝わってくる感じです。
 
ねじまき鳥クロニクルや
海辺のカフカや、
1Q84に似た場面、要素もあります。
 
大切なものを失った人々が偶然に出会い、
不思議な世界(異界)へと導かれ、
地下、異界にもぐって、
夢と現実の狭間のような世界で、
あることが起きて、
たましいをすり減らすような体験をして、
こちらの世界に戻ってくる。
第二次大戦にかかわったことでの心の傷も出てきます。
 
そして、この作品は、父親であること、父親となること
も、テーマなのかな?
 
 
こう書いてしまうと、同じパターン?と思えるかもしれませんが、
比喩を使った独特の表現、
生活感のない、おしゃれである程度裕福な暮らし
それがいやみなく、描かれて、
読んでいる時間が心地よいのです。。。
いままでの作品に比べて、それほどエグくなくて、
読みやすかったです。
 
 
410353432X 騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
村上 春樹
新潮社  2017-02-24

by G-Tools

4103534338 騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
村上 春樹
新潮社  2017-02-24

by G-Tools

 

 

さて、小野不由美さんの作品は、初めて読みました!

友人の勧めで、「十二国記」を。

これすごい!

ファンタジーの時代劇!?(中国の歴史の書みたいな。。。)

壮大なドラマだなあ〜と感動しました!

ファンは多いのでしょうね。。。

現代の女子高校生が主人公。

ある種の、自分探しの物語といえるかも。

本当の自分に出会う物語ですが、

自分が求めたわけでなく、

突然、異世界につれていかれ、

本来の自分を知ることになるのですが、

それはそれは、苦しい旅であり(イニシエーション、通過儀礼でしょうか)

何度も死にそうになりながら、

被害者の自分から、主体的に生きる自分へと変わっていくのでした。

シリーズの 続きも読んでみたいと思います!!

4101240523 月の影 影の海〈上〉―十二国記 (新潮文庫)
小野 不由美 山田 章博
新潮社  2012-06-27

by G-Tools

4101240531 月の影 影の海〈下〉―十二国記 (新潮文庫)
小野 不由美 山田 章博
新潮社  2012-06-27

by G-Tools

2017/06/05

2017年4月5月に読んだ小説♪

2017年4,5月に読んだ小説は

原田マハ   ロマンシエ  

横山秀夫   64(ロクヨン)

塩田武士   罪の声

伊坂幸太郎 火星に住むつもりかい?

西川美和   永い言い訳

でした!

 

●原田マハ   ロマンシエ  

乙女な男子が、ひょんなことからパリのアートの学校へ留学!

という、成長物語?  ロマンティックコメディ?

乙女な男子を一人称とした語り口で

ルンルン気分(古い?爆)、ハッピーな気分になれる物語でした♡

4093864233 ロマンシエ
原田 マハ
小学館  2015-11-25

by G-Tools

 

●横山秀夫   64(ロクヨン)

何年か前の本屋大賞第二位、映画にもなりましたね。

いまさら読んでみましたが、すごかった!

犯罪、ミステリーとしても楽しめるのですが、それより、

警察の内部抗争?を描いたヒューマンドラマでしょうかね?

ものすごい熱のこもった作品。

横山作品のなかでもかなりの熱量ではないでしょうか。。。

読んでて、ジリジリ、ヒリヒリきましたよ。。。。

どうしてこれが本屋大賞一位でなかったの?

と疑問に思ってしらべたら、一位は、

「海賊と呼ばれた男」でした!

なんと!

この年は、豊作だったんですね。。。。

4163818405 64(ロクヨン)
横山 秀夫
文藝春秋  2012-10

by G-Tools


●塩田武士   罪の声

森永事件をモチーフとした作品。

ジャーナリストが、昔の事件を追いかけるという流れですが、

ミステリーとして、よくできているし、おもしろい!と思いました。

社命によって、昔の事件を追いかけるジャーナリストと、

たまたま、あるものを手にして、自分が子供時代に、

ある重大事件にかかわっていることを知った男。

このふたりが最後に出会うのですが。。。

これは、64の前に読んで、すごい!と感動しました。

ただ、64を読んだら、やっぱり横山秀夫さんはすごいー!と

思ったのでした^^

塩田さんもこれからさらに、おもしろい作品を書き続けてくださいね!!

 

4062199831 罪の声
塩田 武士
講談社  2016-08-03

by G-Tools


●伊坂幸太郎 火星に住むつもりかい?

久しぶりに伊坂幸太郎を読みましたら、あらすごい。

2015年の書き下ろし作品ですが、

「共謀罪」のようなものができている、近未来社会を描いた

ブラックコメディ。

魔女狩りのように、「危険人物」と目をつけられたが最後、逃げられない。

公開処刑(ギロチン!)が待っているのです。。。。

伊坂節なので、クスッとわらってしまいながら、読めてしまいますが、

よく考えると恐ろしいです。

 

4334929893 火星に住むつもりかい?
伊坂 幸太郎
光文社  2015-02-18

by G-Tools




●西川美和   永い言い訳
映画になりましたが、映画監督自らがオリジナルを書いていたのですね。
ある作家の妻が、親友とバス旅行に行き、事故で二人は即死。
残された作家、そして、妻の親友の遺族(夫と二人の子供)の
不思議な交流が始まるのでした。
 
主人公の作家は、妻の旅行中に浮気していたという
ダメダメな人で、
妻が亡くなっても、あまり悲しめないのです。
妻について何もしらない自分。。。ということを知って、がくぜんとします。
作家なので、何かを言ったり、書いたりするように求められたり、
ドキュメンタリーを撮りたいと言われたりして、渋々引き受けるのですが、
そして、ひょんなことから、妻の友人遺族の子供のめんどうを見ることになるのですが。。。
 
甘すぎず、リアリティのあるストーリー。
相手が亡くなったあとに始まる関係というものもあるのだなあと
思わされます。
 
人間関係に必ずある、蜜月と、幻滅期。
そしてその後にどう関係を紡いでいくのか、いかないのか。
遺族の子供、とくに6年生という難しい年頃の長男の心中が
とても細やかに描かれているな〜と思いました。
4167906708 永い言い訳 (文春文庫)
西川 美和
文藝春秋  2016-08-04

by G-Tools




ポチッと応援クリックありがとうございます♪

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

2017/04/17

2017年3月に読んだ小説♪

ちょっと遅くなりましたが、(^-^;

2017年3月に読んだ小説は、

●蜜蜂と遠雷    恩田陸
 
●代体   山田宗樹
 
●ありふれた祈り   クルーガー
 
でした。
 
 
あと、心理学関係の本も読みました!
 
「身体はトラウマを記録する」
 
 
●蜜蜂と遠雷
 
4344030036 蜜蜂と遠雷
恩田 陸
幻冬舎  2016-09-23


by G-Tools
 
この作品は、直木賞とともに、本屋大賞第一位と、ダブル受賞でしたね!
ファンとして、うれしいです〜
恩田陸さん、おめでとうございます!!
 
 
日本で開かれたとある国際ピアノコンクールの予選から本選までを描いた
ドキュメンタリータッチの物語。
 
父親の養蜂業を手伝い、正式なレッスンを受けたことのない、
天才、神童ともいえる、少年、塵(じん)
 
(こういう、ちょっと現実離れした設定は、
恩田陸さんらしいところなのかも!)
 
天才的でカリスマ的な魅力を持つ、
ハーフのマサル
 
マネージャーとしていつも一緒にいた母の死というトラウマをかかえ
ピアノから遠ざかっていた女の子、亜夜(あや)
 
そして、
音楽家になることをあきらめ、楽器屋で働く妻子持ちの男性  明石(あかし)
 
 
この4人のこれまでの人生と、コンクールでの心の動き、熱演、
ピアノの音色や響き、ニュアンスが伝わってくる
宝石のような文体で綴られています。
 
 
知らないピアノ曲のたくさん出てくるので、
ピアノがききたくなる〜!
You Tubeで検索して、曲を聴きながら読書、というスタイルとなりました^^
 
音楽と自然ってこんなふうにつながっているんだ〜と妙になっとくしたり。
 
個人的には、やっぱり年齢も近いせいか、
明石さんに思い入れしてしまうなあ
演奏家をあきらめたものの、コンクールには出場して、ある意味夢を果たし、
でも、限界を知り。。。というような。
 
長編で読みきれるかなあと一瞬ひるむけれど、
どんどん引き込まれてしまった小説でした!
 
 
●代体
 
4041041260 代体
山田 宗樹
KADOKAWA/角川書店  2016-05-28


by G-Tools
 
 
山田氏の小説を読むのは2冊目ですが、(1冊目は、百年法)
百年法と似た、近未来小説(SFチックな)であり、
身体と心(精神、脳)の問題ーー人間とはなにか、という問題でしょうーー
に迫る、すごい作品だと思いました!!
 
病気の治療などをしていて、身体が動かないのをロスと考え、
その間に、意識を身体から取り出して、
代車ならぬ代体に「転送」して、そちらが仕事をする、という時代の話。
 
そのシステムにエラーが出てしまった場合に生じる人間の苦しみ、
システムを自己の利益のために利用しようとする悪、など、
やっぱり、意識と身体を分けるって、そう簡単にはいかないよね。。。と思わされました。
 
しかし、脳科学が進んでいけば、こうしたことも夢ではなくなってくるのかもしれないですね、恐ろしい。
 
記憶とは何か、誰のものなのか、人間の主体性とはなんなのか?
いろいろと考えさせられるのであります。
 
 
●ありふれた祈り
 
4151823514 ありふれた祈り (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ウィリアム・ケント・クルーガー 宇佐川晶子
早川書房  2016-11-09


by G-Tools
 
お友達から良かった〜と聞いて、読んでみることに。
 
戦後まもなくぐらいのアメリカ?
キリスト教会の牧師の家庭とその隣人をめぐる物語。
 
中年を迎えた主人公が、自分の少年時代を振り返るという、
スタンドバイミーににているかも、と思いました。
 
少年が大人になるためのイニシエーション(通過儀礼)の物語ともいえるだろうし、
家族の再生の物語ともいえるかもしれません。
 
淡々と進んでいき、途中までは多少たいくつ(汗)。
後半、物語が大きく動き、一気に読んでしまいました。
 
タイトル「ありふれた祈り」の意味がわかるシーンがあり、
思わず涙。
じ〜んと余韻が残る文章、素敵な小説でした!
 
 

ポチッと応援クリックありがとうございます♪

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

2017/03/05

2017年2月に読んだ小説☆

2017年2月に読んだ小説は、

西加奈子 i(アイ)

住野よる 君の膵臓を食べたい

原田マハ 翔ぶ少女

サンドラ・ブラウン コピーフェイス:消された私

 

 

西加奈子 i(アイ)

スゴく面白かった❗

サラバ!の女の子バージョンとも言えるかも。もっと内面を描いてるけど。
 
アイという、日本人の母とアメリカ人の父をもつ少女。
といえば珍しくないですが、 彼女は、シリア人、 父母は養父母なのでした。
 
裕福な養父母に育てられ 物質的に不自由なく育つアイですが
出自を知り、裕福で幸せであることに 罪悪感をもつように。
 
思春期に 自分の存在の意味がわからなくなり 生き方に悩み
一時は引きこもりのようになるアイ 出会いの中で、
少しずつ自分を 受け入れ始める、 という物語かな
 
少女の内面と 世界各地の災害がシンクロ しているような
単に内面にとどまらない 現実をみて生きることを
励ましてくれる物語 といえるでしょう!
 
 
4591153096 i(アイ)
西 加奈子
ポプラ社  2016-11-30

by G-Tools
 
 
 
住野よる 君の膵臓を食べたい
 
これも滅茶苦茶面白かった❗
 
高校生男女二人の会話だけで ほぼ物語が進行します。
会話が巧みで素晴らしい❗ タイトルは猟奇的ですが(笑) 安心して読めます。
 
ただし、最後は 目から洪水出るかもですので
 
電車のなかで読むのは おすすめしません😆
4575239054 君の膵臓をたべたい
住野 よる
双葉社  2015-06-17

by G-Tools
 
 
原田マハ 翔ぶ少女
 
阪神淡路大震災と直後を 生き延びた少女と 「家族」の物語。
 
ある意味、悲しみからの回復 グリーフワークですね。
そこに思春期が被るという構造。
リアルだけどファンタジックな 素敵な物語になってます。
 
キュレーターの著者だけあり サモトラケのニケ の 彫刻がモチーフになってます❗
あの彫刻、美し過ぎますね❗
 
4591137279 翔ぶ少女
原田マハ
ポプラ社  2014-01-09

by G-Tools
 
 
サンドラ・ブラウン コピーフェイス:消された私
 
これは、ミステリー、サスペンスですが、 よくできてる❗
 
楽しめます。 無駄にハーレクイン的な感じですけど(笑)
 
これを原作にしたドラマが 昨年N H Kで放映されたそうですね。
 
好評だったようで 機会あれば見てみたい❗
 
4102425268 コピーフェイス: 消された私 (新潮文庫)
サンドラ ブラウン Sandra Brown
新潮社  2016-10-28

by G-Tools

2017/02/01

2017年1月に読んだ小説☆

1月は正月休みが長かったこともあって、たくさん読めました^^

ブラックボックス、インフェルノ、フォルトゥナの瞳、殺人出産 です。

 

●ブラックボックス  篠田節子

夏の災厄 も 竜と流木 も すんごく怖かったけどすっごくおもしろかった!

社会問題の闇を描くっていうのかな。

これもそんな感じ。

食品工場の話です。

野菜サラダを作る工場。

そこで働く、海外からの「研修生」の悲惨な生活。

野菜をよくわからない液体に付けていて、

それが原因かどうかもわからないが

病気やガンになる子ども達。

そして、農業の問題も。

完全にコントロールできる

「植物工場」で栽培(製造?)される野菜。。。。

いや〜怖い!

そして、人間がちゃんと描かれているからおもしろい!

お勧めです!

402264821X ブラックボックス (朝日文庫)
篠田節子
朝日新聞出版  2016-09-07

by G-Tools
 
 
 
 
●インフェルノ 上・中・下 
ダン・ブラウン
 
おもしろかったロストシンボル 以来のダンブラウン。
ちょっと難しくて(私には)長いので、何度も読み返しながら
でしたが、読了しました!
 
イタリア/フィレンツェを主な舞台にした
ドラマティックな展開。
 
謎解きと、豪快なアクションと。。。
ドキドキハラハラがとまりません^^
 
 
映画はまだ見ていませんが、
映画向きの作品かも! と思いました。
DVD見てみたいです!
 
 
 
インフェルノ(上) (角川文庫) インフェルノ(上) (角川文庫)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

インフェルノ(中) (角川文庫) インフェルノ(下) (角川文庫) ロスト・シンボル (中) (角川文庫) ロスト・シンボル (上) (角川文庫) ロスト・シンボル (下) (角川文庫) 天使と悪魔 (下) (角川文庫) 天使と悪魔 (中) (角川文庫) 天使と悪魔 (上) (角川文庫) ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫) ダ・ヴィンチ・コード(中) (角川文庫)

by G-Tools
 
 
 
 
●フォルトゥナの瞳    百田尚樹
 
ある日、自分の特殊な能力に気づいてしまう男の物語。
あえて分類するならファンタジーなのかな?
 
話がおもしろく、するすると読めてしまいます。
 
運命ってなに?
人の運命を変える(人を救う)ことは良いことなのか?
それとも・・・?
ぜい最後までお読みくださいね^^
 
 
4103364114 フォルトゥナの瞳
百田 尚樹
新潮社  2014-09-26

by G-Tools
 
 
●殺人出産    村田紗耶香
 
コンビ二人間の村田さんの小説。
コンビ二、より以前の作品だと思います。
一言でいえば、うわ〜 シュール!でした。
 
短編4編ですが、
どれも、性と生殖、命、家族、にかかわっている
近未来小説、なのかな?
 
結婚して、子どもが生まれて、子どもを育てて。。。
ということが、「ふつう」でなくなる日が来るんでしょうか!?
100年後、いや50年後には、
家族や性、生殖についての考えが
いまとはかなり違う社会になっているのかもしれませんね。。。
 
 
4062934779 殺人出産 (講談社文庫)
村田 沙耶香
講談社  2016-08-11

by G-Tools


 

ポチッと応援クリックありがとうございます♪

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

2016/12/29

2016年12月に読んだ小説♪

2016年12月に読んだ小説は、

バラカ、怪物はささやく、みかづき、コンビニ人間、八月の六日間、でした。

 

 

●バラカ   桐野夏生

久しぶりの桐野さんの小説。待ってました!という感じ。

3.11 原発問題を背景にした近未来小説。

原発をめぐるゴシップや犯罪、

移民問題や、ドバイでの人身売買など、

社会の闇、人間のもつ悪にメスを入れる作品。

カリスマ的な魅力を持つ、キリスト教会牧師も出てきて。。。

まあ、読んでみてのお楽しみです!

ワタシとしては、サイコパスみたいな冷血な川島が

どうして最後ああなったのか、、、まだ腑に落ちません(笑)

力作だと思います!

4087716465 バラカ
桐野 夏生
集英社  2016-02-26

by G-Tools

 

●怪物はささやく  パトリック・ネス   ジム・ケイ

海外文学、しかも児童文学、であまり読まないジャンルですが、

タイトルに惹かれて読みました。

とても良かった!

思春期の少年、コナーは母と二人ぐらし。

しかし、母は末期ガンに侵されている。

コナーは悪夢を見る。

木の怪物が出てくるのだ。

そして怪物は物語を語るのだった。。。

本当の感情と向き合う、

見たくないものと向き合うには、

「物語」が必要で、

ときに「怪物」が必要なのかもしれません。

(それは、自分自身であったりするのだが。。。)

最後は胸が熱くなるような作品でした。

4751522221 怪物はささやく
パトリック・ネス ジム・ケイ
あすなろ書房  2011-11-07

by G-Tools

 

●みかづき 森絵都

森絵都さんの長編小説!

三世代(四世代かも?)にわたる、

教育をめぐる物語であり、

家族の物語。

公教育でなく、その隙間を縫う「塾」に人生を捧げた人々。

「塾」の歴史といってもよいのかもしれません。

人物が魅力的であり、熱い熱い、情熱にあふれています。

教育をめぐって、私利私欲でなく、本当に子どもに必要なことは、

と模索し、けんかをする大人達。

ワタシ的には、前半、昭和の物語が面白かったな〜

「用務員さん」がその部屋で子どもに勉強を教えていたりして、

おおらかな時代だったんだな〜と思います。

心があったか〜くなること請け合いです!

408771005X みかづき
森 絵都
集英社  2016-09-05

by G-Tools
 
 
 
●コンビニ人間  村田 沙耶香
 
芥川賞作品。
これは強烈でした!
時代の最先端ともいえるでしょうかね?
 
小さいときから、周りとうまく合わせられず、
人にとっての「あたりまえ」や「自然な感情」が育たなかった女性。
 
親はカウンセリングや治療に連れて行こうとしたけれど
だんことして行かなかった。
 
大学生になったと同時にコンビニでアルバイトを始めて
18年間続けている。
 
結婚する気がないし、友達もあまりいない(幼なじみはいる)。
「常識」や振る舞い方は、妹に聞く。
コンビ二のマニュアルや、
一緒に働く人の口癖、しゃべり方をまねる。
 
コンビ二で働くこと以外に
楽しみややりがいはない。
コンビ二で働くために、
生活のすべてを集中していく。
 
コンビニと一体化したかのような、
コンビニの声を聞きながら、仕事をスムーズに進めていく。
その描写がみごと!
 
そこに、アルバイターとして若い男性が入ってくるが、
やる気がなく、すぐに辞めてしまう(辞めさせられたのかも?)
その後二人は再会し、
互いのメリットのために、同居することになるのです。
 
二人とも、いまでいえば、発達障害(非定型発達)
と思われるのですが、
女性は、それを受け入れて、というのか、
悩みがありません。
 
ただ、周りの質問やお節介に
(どうして結婚しないの、どうして正社員にならないの?)
辟易しているだけ。
 
かたや、男性は、
結婚してない自分、定職のない自分がいやで受け入れられず
(自己愛の問題があるのでしょう)
この女性の生き方も批判します。
そして、世の中を批判し、
被害者意識を持っています。
 
このふたり、どっちが幸せなんだろうというのは、
一目瞭然です。
 
彼女の場合、コンビ二という自分の生きる場所を見つけたことは
幸せだったんだと思います。
だから、周りはお節介せずに、優しく見守っていればいい。
「学校へいかなきゃ、たいへんなことになる」
「大学に行かないと就職できない」
「〇〇しないとろくな大人になれない」
「結婚してないと一人前でない」
「正社員にならないと幸せになれない」
 
などなど、大人達は、脅しますが、
果たしてそうなんでしょうか!?
とワタシも疑問に思います。
 
個人の生き方に対して
そして、
社会(世間)のあり方について
強烈なメッセージを投げかけてくれる小説。
でも、とっても面白いです!!
 
 
4163906185 コンビニ人間
村田 沙耶香
文藝春秋  2016-07-27

by G-Tools
 
 
●八月の六日間  北村薫
 
出会えてよかった〜と思える作品のひとつ。
友人がとってもよかったと言っていたので、
是非読みたいと思っていました。
アラフォー独身女性が、単独登山をする物語。
 
ちょうど、テレビドラマ「山女日記」を見終わったところで
山に行きたい!もっと知りたい!という気持ちになっていたので、
読むタイミング的にはベストでした!
 
淡々と一人称で書かれていて、日記、備忘録のような小説。
軽やかで、登山の持ち物や山小屋での食事など
楽しそう!と思ってしまう。
 
もちろん、危険や体力の消耗、
残念だけど引き返す、など、楽しいだけではない
むしろつらいことだらけの登山がリアルに書かれていると思います。
 
主人公は、友人、恋人との別れなど、
つらい経験をし、その時に、一人山に向かいます。
そこで、過去を思い出したり、
その過去に違う意味を見いだしたり。。。
 
登山で自分に向き合わされるんだな〜と思います。
でも山小屋で出会う人との交流が
ほどよい距離でここちよいです。
誰にも言えなかった話ができたり、
ゆきずりだからこそ、話せることもあるのかもしれないですね。
 
小説の最後の注意書き?には、
「これは初心者向けの登山でないから
くれぐれも真似しないように。
十分な訓練、準備をしてください」
といったようなことが書かれていて親切でした。
それぐらい、これを読むと
山に行きたくなる人が続出なのかも!
 
 
4041042178 八月の六日間 (角川文庫)
北村 薫
KADOKAWA/角川書店  2016-06-18

by G-Tools
 

ポチッと応援クリックありがとうございます♪

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

2016/12/14

2016年11月に読んだ小説☆

2016年11月に読んだ小説は、海の見える理髪店、竜と流木、ジヴェルニーの食卓、青の炎、友罪、悪の教典(上下)でした。

 

 

海の見える理髪店

 

表題の直木賞受賞作を始めとする短編集。

人と人との出会いと別れを優しく繊細なタッチで描く、って感じかな?

じわじわ〜っと静かな感動がありました!

4087716538 海の見える理髪店
荻原 浩
集英社  2016-03-25

by G-Tools

 

竜と流木
 
篠田節子氏の真骨頂!?
「夏の災厄」にも似た、環境ミステリー(ホラー?)小説でしょうか?
南の島を舞台とする生物の突然変異。
きっちりと書き込まれていて
とても面白かったです!
406220066X 竜と流木
篠田 節子
講談社  2016-05-25

by G-Tools
 
 
ジヴェルニーの食卓
原田マハさんの得意とする、印象派の画家たちのエピソードを綴った短編集。
これを読むと美術館に行きたくなる!
モネ、ドガ、マティス、などの知る人ぞ知るエピソードが
素敵に描かれてます。
4087453278 ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)
原田 マハ
集英社  2015-06-25

by G-Tools
 
 
青の炎
以下3冊は、ミステリー、というか犯罪小説。
「青の炎」は、高校生男子が主人公で、
彼が家族を守るために犯した罪のストーリー。
ハードボイルドタッチですが、
最後はつらくてつらくて。。。
悲しいお話でした。
4041979064 青の炎 (角川文庫)
貴志 祐介
角川書店  2002-10-25

by G-Tools
 
 
友罪
これは、14歳で殺人を犯して医療少年院に入った人のその後を描いたフィクション。
自分の友人、知り合いが、「有名な」殺人者かもしれない、と気づいたら、
あなたはどうする。。。?と問われます。
なるほど〜とうならされる終わり方。
人物の掘り下げも深く、
とっても良い小説だと思いました!
4087453790 友罪 (集英社文庫)
薬丸 岳
集英社  2015-11-20

by G-Tools
 
 
 
悪の教典  上下
これは。。。。恐ろしいサイコパスの物語。
映画にもなったんですね。
学校、高校が舞台というところが、いやですね。
怖い怖い、そして、後味悪く、
よくできたサスペンスで、一気に読んでしまいましたが、
読まなくてもよかったかもと思いました(笑)
4167839016 悪の教典〈上〉 (文春文庫)
貴志 祐介
文藝春秋  2012-08-03

by G-Tools


 


 

ポチッと応援クリックありがとうございます♪

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

2016/11/09

2016年10月に読んだ小説☆

アメリカ大統領がトランプ氏に決まった本日!

2016年10月に読んだ本をメモしておきます^^

 

●原田マハ   暗幕のゲルニカ

ピカソの「ゲルニカ」をめぐる時空を超えた二つのストーリーがパラレルに描かれる。
ピカソの制作をそばで支えたカメラマンの女性、そして、9.11で最愛の人を失った、NY在住の日本人女性。
 
芸術とは、愛とは、戦争とは。。。
緊張感を持って描かれる展開で、一気に読めてしまいます。
 
おもしろかった!
4103317523 暗幕のゲルニカ
原田 マハ
新潮社  2016-03-28

by G-Tools
 

●あん    ドリアン助川

映画が評判になりましたが、原作を読んでみました。

とっても良いお話!!

つらいつらい過去を背負った二人の出会い。

あん(あんこ)を炊きあげる時の美しすぎる描写。

地味に生きる人々の「幸せ」ってなんだろうと

考えさせられます。

心があったか〜くなる、そして、桜の木の下で

たいやきが食べたくなる小説でした!

 

B00XHIEQ70 あん
ドリアン助川
ポプラ社  2013-02-06

by G-Tools

 

 

●梨木香歩   僕は、そして僕たちはどう生きるか

 

吉野源三郎著「君たちはどう生きるか」のオマージュといえるのでしょうか。

同じ「コペルくん」と呼ばれる子が主人公です。

集団に属することを止めるなど、ある意味で生きづらさを抱えた子どもたち。

おもしろいといえば、おもしろいですが、

梨木作品のなかでは、印象がうすいかな〜と。

4652079796 僕は、そして僕たちはどう生きるか
梨木 香歩
理論社  2011-04

by G-Tools

 

●中山七里   ヒポクラテスの誓い

 

先月、ピアニストが主人公の「さよならドビュッシー」にやられたので、これも読んでみました!

こんどは、法医学がテーマ。著者の守備範囲の広さ、すごい〜

法医学教室に入った研修医の女性が主人公。

彼女が凄腕の法医学教授に鍛えられていく成長物語でもあります。

5つのストーリー、そして、最後にその5つの事件の共通点が明かされます。。。

楽しめました!

 

4396342101 ヒポクラテスの誓い (祥伝社文庫)
中山七里
祥伝社  2016-06-15

by G-Tools









ポチッと応援クリックありがとうございます♪

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

2016/10/05

2016年9月に読んだ小説☆

もう10月に入ってしまいました!

今年も残り、90日を切りましたね!!

先月に読んだ本、ほぼ小説でした。

めずらしく沢山読めた月でした。。。

(すらすら読める小説ばかりだったのだと思いまふ。。。

来月はこんなに読めないでしょう、きっと。笑)

ではいってみます!!

 

 

幸せの条件   誉田哲也
 
この方の作品を読むのははじめて!
20代女子の農業体験物語。
 
というか、働くってどういうこと?
何のために働くの?
仕事の何が楽しいの?
を考えさせられる。
 
そして、日本の農業の問題と
可能性がちょこっと見えたりする。。。
3.11も背景にあり、深刻な中にも明るさと軽さがあり、
さわやかな小説でした!
 
4122061539 幸せの条件 (中公文庫)
誉田 哲也
中央公論新社  2015-08-22

by G-Tools

 

さよならドビュッシー   中山七里

 

この作家さんもはじめて知りました!

ピアニストを目指す資産家で才能ある女子高校生の物語。

ミステリーなのですね、これが。

ピアノ演奏にまつわるうんちくがものすごいです。

主人公の先生であるピアニストがしゃべるしゃべる。。。

言語化能力高すぎでしょ!って、ツッコミいれたくなるぐらい^^

ミステリーとしても面白いし、

ピアノが聴きたくなる小説♪♪

4796679928 さよならドビュッシー (宝島社文庫)
中山 七里
宝島社  2011-01-12

by G-Tools
 
 

赤毛のアンナ   真保裕一

 

タイトルからみてわかるように、

「赤毛のアン」を彷彿とさせる、

日本の養護施設で育った少年少女のその後を描く物語。

これもミステリーです。うん、まあまあ。。。の感動かな!?

4198640858 赤毛のアンナ (文芸書)
真保 裕一
徳間書店  2016-01-29

by G-Tools

 

流星ワゴン   重松清

テレビドラマにもなったし、有名な小説!

いまさらながら読んでみました。

重松さんの真骨頂である、男性、父と息子の物語。

それもうまく書いてるなあと思うのですが、

40代の妻の狂い咲き?訳のわからなさ、や

ひきこもりの中学生の心理などもリアルに感じました!

406274998X 流星ワゴン (講談社文庫)
重松 清
講談社  2005-02-15

by G-Tools

 

 

向田理髪店   奥田英朗

奥田さんの作品は大好きなのですが、

これは、わたし的にははずれ。。。

というか、しみじみしすぎて、ちょっと物足りなく感じてしまいました!

4334910890 向田理髪店
奥田 英朗
光文社  2016-04-19

by G-Tools

 
ブラック・ベルベット   恩田陸
これまた、恩田陸さんのなかでは、はずれでした
(あくまで、わたしにとって、ということで)。
シリーズものらしいのですが、シリーズのほかのも読むかなあ
まだわかりません!
 
4575238988 ブラック・ベルベット
恩田 陸
双葉社  2015-05-20

by G-Tools
 
 
 
<番外編>
 
小説ではありませんが、
 
野の医者は笑う   東畑開人
 
4414400961 野の医者は笑う: 心の治療とは何か?
東畑 開人
誠信書房  2015-08-20

by G-Tools
 
沖縄在住の臨床心理士が、研究のために、
「ちまたのヒーラー、スピリチュアルカウンセラ−」などにインタビュー、取材をかさね、
「心の治療とはなにか?」を探っていくルポルタージュ。
 
なのですが、
めっちゃおもしろかった〜
コミカルな文章で笑えるのです。
 
しかーし、
内容は深い!
 
詳しくは言いませんが、
いままさに、ワタシに必要な本でした!
 
わたしも、ここまで深くはないですが、
同じような問題意識を持っていたので、
 
(臨床心理学とちまたのスピリチュアル、宗教、自己啓発とどうちがうの?
同じところはないの? そもそも同じだったんじゃないの?とかね)
 
著者の「結論」に深く同意したり、なるほど〜とうならされたり。
目から鱗だったり。
 
少なくとも、心の治療、癒しをとりまく状況をみる視点が上がりました!
これを書いてくださった著者と、この本との出会いに感謝です!
 
 
 


ポチッと応援クリックありがとうございます♪

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

より以前の記事一覧

ブログランキング、応援クリックよろしくお願いします♪

無料メルマガ

無料ブログはココログ